【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC「チャレンジルールが大嫌い」

今季のタイトル獲得最有力候補であるロサンゼルス・クリッパーズは昨日、昨季MVPのヤニス・アンテトクンポ擁するミルウォーキー・バックスに敗れた。

カワイ・レナードとポール・ジョージを欠くクリッパーズは、タイトルコンテンダーの1チームであるバックス相手に善戦したと言えるであろう。

だが、クリッパーズのドック・リバースHCは、オフィシャルのある判定に不満を爆発させたようだ。

ルー・ウィリアムスのエリック・ブレッドソーに対するオフェンシブファウルに関し、チャレンジを要求したものの失敗したリバースHC。

この判定について、リバースHCは次のように言及。bleacherreport.comが伝えている。

「ひどかったね。彼ら(オフィシャル)は判定を覆すべきだた。だからこのルールが嫌いなんだ。誰も間違いを望んだりしない。ただ、言わせてくれ。あれは覆さなきゃいけない。あのプレイはファウルじゃない」

ウィリアムスがドライブした際、オフィシャルはウィリアムスの腕がブレッドゾーの顔面を直撃したとし、オフェンシブファウルをコール。

だが、映像を見る限り、ウィリアムスの腕はブレッドソーの顔面に触れていないように見える。

リバースHCによると、ブレッドソーのフロッピングだったという。

とはいえ、映像を確認したにもかかわらず判定を覆さなかったオフィシャルの判断に疑問が残るところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA