【スポンサーリンク】

ホークスのAC ブチ切れて椅子に当たる

キャリア2年目のトレイ・ヤングを中心として再建中のアトランタ・ホークスは先日、同じく若手中心に再建中のシカゴ・ブルズに完敗を喫した。

出鼻をくじかれたホークスは、ブルズを追随することができず、20点差で大敗。

この内容に最もフラストレーションを感じていたのは、アシスタントコーチのメルビン・ハントだったのかもしれない。

第3Q中に26点のビハインドを背負っていたホークスがタイムアウトを要求すると、ハントACはプレイヤーたちの目の前でブチ切れ。

突き飛ばした椅子があわやエースのヤングに当たるところであった。

10年以上のコーチングキャリアを誇るハントAC。

だが、物に当たるのはあまり感心できることではない。

物への暴力がプレイヤーたちに向けられないことを祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA