【スポンサーリンク】

パスカル・シアカム「昨季よりシュートを撃つ回数が増えた」

トロント・ラプターズは昨季、フランチャイズ初となるNBA制覇を達成した。

だが、チームを優勝に導いたカワイ・レナードがロサンゼルス・クリッパーズへ、ダニー・グリーンがロサンゼルス・レイカーズへ移籍。

主力が抜けたことで厳しい戦いも想定されていたが、今季ここまでは十分すぎるパフォーマンスを見せていると言えるだろう。

その中心となっているのが、キャリア4年目を迎えているパスカル・シアカムだ。

今季のラプターズはシアカムにボールを集めるケースが増え、シアカムもそれに応える結果を出している。

シアカム自身、よりシュートチャンスが増えたことを喜んでいるようだ。シアカムのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「シュートを撃つことが少し増えた。少し興奮してるよ。良いものだね」

ボールポゼッションが増えたこともあり、今季のシアカムは主要カテゴリの数字を大きく伸ばしている。

このパフォーマンスを続け、チームも勝ち続けるようであれば、シアカムの名がMVP議論に加わる可能性も十分あるだろう。

まだ序盤ではあるものの、ラプターズの次なるスターはシアカムで間違いなさそうだ。

なお、今季のシアカムは12試合に出場し、平均37.1分のプレイで26.2得点、8.7リバウンド、4.1アシスト、FG成功率46.9%、3P成功率35.1%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算228試合に出場し、平均24.3分のプレイで10.9得点、5.3リバウンド、2.1アシスト、FG成功率52.3%、3P成功率31.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA