【スポンサーリンク】

TOP10PLAY( 2 )

Category
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

躍進を狙うウォリアーズ

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、昨シーズンを迎えるまで苦しい時を過ごしていた。 2006-07シーズンにプレイオフ進出を果たして以降、3~4割の勝率に終わっていたのだ。 そして2012-13シーズン、ようやく勝率5割に復帰し、プレイオフ進出を果たしたウォリアーズは、目を疑うよ...
レイカーズ

レイカーズ、2013-14シーズンで復権なるか?

昨年のオフ、ロサンゼルス・レイカーズはNo.1センターの呼び声高いドワイト・ハワード、そしてリーグを代表するポイントガードのスティーブ・ナッシュを獲得したことで世間を驚かせた。 しかし、主力陣に怪我が相次ぎ、ケミストリーを発揮できずにプレイオフにもギリギリで進出。 レギュラーシー...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス 2012-13TOP10プレイ

2012-13シーズンも数々の記録を打ち立てたレブロン・ジェイムス。 現在のNBAでジェイムスを止めるのは、至難の業といえるだろう。 マイアミ・ヒートの絶対的エースとして君臨するジェイムスだが、歴代のエースとはプレイスタイルが異なるかもしれない。 マイケル・ジョーダン然り、コービ...
2012-13シーズン クロスオーバーTOP10

2012-13シーズン クロスオーバーTOP10

NBAにはクロスオーバーを武器に活躍している選手が数多くいる。 今回は、2012-13シーズンのクロスオーバーTOP10を紹介しよう。 2012-13 クロスオーバーTOP10ムービー   No.1に輝いたのは、ブルックリン・ネッツのジョー・ジョンソン。 これほど小刻み...
ジョン・ウォール

ジョン・ウォール 2012-13TOP10プレイ

2010年のドラフトで1位指名を受けてNBA入りしたジョン・ウォール。 ワシントン・ウィザーズに入団したウォールは、ルーキーシーズンから目覚しい活躍をみせた。 ルーキー・オブ・ザ・イヤーはブレイク・グリフィン(現ロサンゼルス・クリッパーズ)に譲ったものの、得点、アシスト、スティー...
ケビン・デュラント

ケビン・デュラント 2012-13TOP10プレイ

学生時代から目覚しい活躍をみせていたケビン・デュラントだが、2007年のNBA入り当時は身体能力の低さが懸念されていた。 NBAではほとんどの選手が垂直跳び80cm以上を記録している中、デュラントはわずか66cm。 さらにベンチプレスでは84kgを持ち上げることができなかったのだ...
2012-13シーズン オールNBAセカンドチーム

ブレイク・グリフィン 2012-13TOP10プレイ

ブレイク・グリフィンは、NBAを代表するスラムダンカーに成長を遂げた。 特にクリス・ポールとともにプレイするようになってからは、まさに水を得た魚のような活躍ぶりだ。 まだ23歳と若いグリフィンだが、NBA入り直後のシーズンは怪我で全休という不運に見舞われた。 試合デビューを果たし...
トニー・パーカー

トニー・パーカー 2012-13TOP10プレイ

トニー・パーカーほどNBAで揉まれて成長してきたポイントガードはいないのではないだろうか。 2001ドラフト28位でサンアントニオ・スパーズの一員としてNBAデビューを果たしたパーカーだが、アウトサイドシュートに難があった。 2001-02シーズンにはオール・ルーキー・ファースト...
ジェイムス・ハーデン

ジェイムス・ハーデン 2012-13TOP10プレイ

20111-12シーズンはオクラホマシティ・サンダーでシックスマンとして活躍し、2012-13シーズンからヒューストン・ロケッツでスターティングラインナップに名を連ねているジェイムス・ハーデン。 長いヒゲがチャームポイントの彼は、ロケッツで信じられないような活躍をみせてくれた。 ...
JR・スミス

JR・スミス 2012-13TOP10プレイ

2012-13シーズンのシックスマン・オブ・ザ・イヤーに輝いたJR・スミスだが、彼の持ち味は切れ味鋭いクロスオーバー、そしてなんといってもクラッチタイムでの勝負強さだろう。 ニューヨーク・ニックスでプレイする27歳のスミスは、高校卒業後にNBA入り。 ルーキーイヤーはまずまずの成...

【スポンサーリンク】