ウォリアーズ

Tagged
スティーブ・カー

スティーブ・カーHC「チャールズ・バークレーに芝生から出て行けと言われるだろう」

チャールズ・バークレーは、おそらくゴールデンステイト・ウォリアーズを嫌っているのだろう。 これまで何度もウォリアーズのスタイルを否定するかのような言動を繰り返しているバークレーは、ウォリアーズがヒューストン・ロケッツに敗れた後、ウォリアーズのスタイルを「女の子のようなバスケットボール」と表現。 一方、バークレーのこのコ...
ステフィン・カリー

ステフィン・カリー ホーネッツ移籍の可能性について「レーダーの範囲内」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、来年夏にFAになる。 現時点ではウォリアーズと再契約する可能性が高く、カリー本人も「他でプレイする自分を見るのは難しい」としているが、その一方でホームチームであるシャーロット・ホーネッツ移籍の可能性も除外していないようだ。 カリーはホーネッツ移籍の可能性について次...
ドレイモンド・グリーン

ドレイモンド・グリーン「プレイオフで負けてたらケビン・デュラントはここには来なかった」

ケビン・デュラントのゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍は、この夏最大のサプライズだったと言えるだろう。 デュラント率いるオクラホマシティ・サンダーは、昨季のプレイオフでウォリアーズを追い詰めながらも逆転負け。 今季はサンダーにとってリベンジのシーズンになるかと思われたものの、デュラントはウォリアーズ移籍を決断した。 ...
ケビン・デュラント

ケビン・デュラント レイカーズに過去のサンダーを重ねる

新生ロサンゼルス・レイカーズは、ゴールデンステイト・ウォリアーズとの今季初対戦を勝利で飾るも、その後の2対戦は大敗を喫した。 2試合目ではディアンジェロ・ラッセルが、3試合目ではラッセルとニック・ヤング、ジュリアス・ランドルという先発3選手が欠場したことも大敗の要因となったが、若いチームだけに、大敗が続くと内部不和につ...
ケビン・デュラント

スティーブ・カーHC ケビン・デュラントのディフェンスに「驚いてない」

アンドリュー・ボガットやフェスタス・エジリなどのビッグマンを放出したことにより、ゴールデンステイト・ウォリアーズはインサイドに弱点を抱えると予想されていた。 だが、現時点でインサイドが大きな弱点になっているとは感じられない。 San Jose Mercury Newsによると、ウォリアーズはリーグ4位となる平均6.1ブ...
ステフィン・カリー

ステフィン・カリーのシグネチャーバッシュが予想を下回る売上

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは先日、リーグ新記録となる1試合13本の3P成功という偉業を達成した。 だが、昨季と比べるとカリーの活躍は目立っていない。 アンドリュー・ボガットやハリソン・バーンズなどのさポーティングキャストを失い、かつスコアラーのケビン・デュラントを獲得したことも要因として考えら...
ドレイモンド・グリーン

ドレイモンド・グリーン「俺はNBAベストプレイヤーのひとり」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、リーグを代表するマルチプレイヤーのひとりだ。 オフェンスとディフェンス両面でウォリアーズを支えているグリーン。 平均得点や平均アシスト、平均リバウンドといった各数字だけを見れば、ステフィン・カリーやケビン・デュラントなどには及ばないものの、すべてのプレイをそつ...
ケビン・デュラント

ケビン・デュラント グレッグ・オデンの発言に「ナンセンス」

元ドラフト1位プレイヤーであるグレッグ・オデンは先日、現役引退を正式発表した。 ケビン・デュラントを抑えてドラフト1位でリーグ入りしたオデンだったが、キャリアを通して膝の怪我に苦しめられ、出場した試合数はわずか105。 昨季は中国リーグで復帰するも、もはやプロとして戦える身体ではなかったようだ。 現役引退を発表した際、...
ジャベール・マクギー

スティーブ・カーHC「ジャベール・マクギーは素晴らしかった」

この夏にゴールデンステイト・ウォリアーズと契約したジャベール・マクギーは、先日のデンバー・ナゲッツ戦で十分な出場時間を与えられた。 約16分のプレイで10得点、3リバウンド、1アシスト、2ブロックショットを記録し、リムプロテクターとしての仕事をこなしてみせたマクギーだが、スティーブ・カーHCはマクギーにさらなる期待を寄...
アンドリュー・ボガット

ドレイモンド・グリーン「アンドリュー・ボガットはリーグベストのリムディフェンダーのひとり」

このオフにゴールデンステイト・ウォリアーズからダラス・マーベリックスに移籍したアンドリュー・ボガットが、オラクルアリーナに凱旋した。 ボガットの移籍により、ウォリアーズはインサイドのディフェンスに弱みを抱えたとされているが、それを誰よりも実感しているのはドレイモンド・グリーンなのかもしれない。 グリーンはボガットについ...