キャブス

Tagged
ラッセル・ウェストブルック

レブロン・ジェイムス「ウェストブルックはシーズンアベレージでトリプルダブルを記録できる」

クリーヴランド・キャバリアーズのタイロン・ルーHCは約1カ月前、トリプルダブルを記録したレブロン・ジェイムスについて「シーズンアベレージでもトリプルダブルを達成できる」と太鼓判を押した。 だが、現時点でそれに最も近いのはオクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックだろう。 ジェイムスもウェストブルックの驚異的...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス トランプライセンスホテル宿泊拒否について「個人的な好み」

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、ニューヨーク・ニックスとのロードゲーム時に、ドナルド・トランプ新大統領がライセンスを持つホテル以外のホテルに宿泊する見込みだ。 アメリカの大統領選挙でヒラリー・クリントンを支持し、実際に演説にも応援に駆けつけただけに、政治的な考えによる宿泊拒否ともされているが、ジ...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス トランプソーホーホテル宿泊を拒否か?

先のアメリカ次期大投票選挙で、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスはヒラリー・クリントンを支持していた。 ジェイムスは「友人であるバラク・オバマのレガシーを引き継ぐ」という理由でクリントンを支持するとし、クリントンの演説にも応援に駆けつけたが、結果はドナルド・トランプが勝利。 そのジェイムスが、トランプ...
ジェイムス・ジョーンズ

キャブスのジェイムス・ジョーンズ 2017-18シーズン後に現役引退か

クリーヴランド・キャバリアーズで3年目を迎えているベテランフォワードのジェイムス・ジョーンズは、今年10月に36歳になった。 その年齢になると、多くのプレイヤーは現役引退を真剣に考え始めるだろう。 実際にジョーンズも自身の引退時期を計画し始めたようだ。 ジョーンズによると、節目のキャリア15年目となる2017-18シー...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス カンザスの高校チームにバッシュをプレゼント

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、NBAだけでなくカレッジやハイスクールの試合にも目を向けている。 そのジェイムスが、カンザス州のショーニー・ミッション・ノース・ボーイズ・バスケットボールチームが63年ぶりに優勝したことを祝い、サプライズでバッシュをプレゼントした模様。 SMN Athletics...
チャニング・フライ

母の死から約1カ月のチャニング・フライ 感謝祭に父が他界

アメリカ中が感謝祭を祝う中、クリーヴランド・キャバリアーズのチャニング・フライにとっては辛い一日となってしまったようだ。 フライはインスタグラムで最愛の父が他界したことを発表した。 On a day for thanks. Be thankful for the person next to you. My fathe...
ドレイモンド・グリーン

ドレイモンド・グリーン「ファイナルでキャブスを完璧に破壊したい」

昨季のファイナルで一時は3勝1敗とリードを奪いながらも、レブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズに歴史的な逆転負けを喫した。 出場停止処分を食らったドレイモンド・グリーンがウォリアーズ敗退の大きな要因のひとつとなったが、グリーンはファイナルでのリベンジに闘志を燃やしているようだ。グリーンのコメントをth...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス ヒラリー・クリントンの大統領選挙活動参加へ

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、次期アメリカ大統領にヒラリー・クリントンを推している。 今年10月にはクリントンをサポートするために活動に参加する意思を表していたが、それが実現することになりそうだ。 New York magazineによると、ジェイムスは日本時間7日にクリントンの選挙運動に参加...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス ラプターズのホームアリーナを「サッカースタジアムのよう」

トロント・ラプターズのここ数年の躍進により、トロントのファンは大いに盛り上がっているようだ。 昨季のプレイオフで戦い、先日も対戦したクリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスも、トロントファンの熱を肌で実感しているのかもしれない。 ジェイムスはトロントファンについて次のようにコメント。thestar.comが...
レブロン・ジェイムス

タイロン・ルーHC「レブロン・ジェイムスはフロイド・メイウェザーを思い起こさせる」

キャリア13年を通し、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは常にリーグトッププレイヤーとして君臨している。 その大きな要因のひとつとなっているのが、大きな怪我がないということだろう。 マイアミ・ヒート時代の2011-12シーズン、キャブス時代の2014-15シーズンはそれぞれ62試合、69試合の出場にと...