フロントオフィス

Tagged
ポール・ミルサップ

ホークス「ポール・ミルサップとの長期契約が絶対目標」

アトランタ・ホークスのオールスターフォワード、ポール・ミルサップは、オプションを破棄することで来年夏に完全FAとなる可能性がある。 ミルサップはホークスを牽引する重要な一員だ。 それゆえに、ホークスはミルサップを何としてもチームに留めておきたいところだろう。 ホークスのウェス・ウィルコックスGMはミルサップとの再契約に...
ティム・ハーダウェイ

飲酒運転のティム・ハーダウェイAC レギュラシーズン3試合の出場停止処分

デトロイト・ピストンズのアシスタントコーチを務めるティム・ハーダウェイは先月、飲酒運転の容疑で逮捕された。 一年間の運転免許証停止処分と最高6カ月の禁固刑の可能性があったハーダウェイには18カ月の執行猶予期間が与えられたが、リーグはハーダウェイに処分を科したようだ。 ピストンズによると、リーグはハーダウェイに対し、レギ...
ルディ・ゲイ

ブラデ・ディバッツ「ルディ・ゲイとベン・マクレモアは手放さない」

サクラメント・キングスのルディ・ゲイとベン・マクレモアにはトレードの噂が浮上している。 ゲイ本人がトレードを希望しているという噂もあるが、ゲイとマクレモアは少なくとも今季中にキングスを離れることはないかもしれない。 キングスのブラデ・ディバッツは、トレードの噂が浮上しているゲイとマクレモアについて次のようにコメント。S...
デマーカス・カズンズ&ジョージ・カール

ビベク・ラナディベ「ジョージ・カールはデマーカス・カズンズをトレードしようとしてた」

サクラメント・キングスを率いていたジョージ・カールとデマーカス・カズンズの関係には亀裂があると噂されていた。 それが原因のひとつとなり、キングスはカズンズのトレードを狙っていたとされているが、チームのオーナーを務めるビベク・ラナディベがトレードの噂を肯定した模様。 ラナディベは当時を振り返り、次のようにコメント。USA...
ジュリアス・ランドル&ディアンジェロ・ラッセル&ジョーダン・クラークソン

ミッチ・カプチャックGM「若く才能あるチームを作り上げている」

コービー・ブライアントが現役を退いたこれからのロサンゼルス・レイカーズは、ディアンジェロ・ラッセル、ジュリアス・ランドル、ジョーダン・クラークソン、ブランドン・イングラムが中心となって牽引することになるだろう。 一方で気になるのが、ジム・バスの去就だ。 バスは2014年、レイカーズが3~4年以内に再建できないなら辞職す...
ミッチ・カプチャック

ミッチ・カプチャックGM 来季の目標は「最低でも17勝以上」

コービー・ブライアントが引退したロサンゼルス・レイカーズは、本格的な再建時期に突入する。 若手有望株を豊富に揃え、かつルオル・デンやティモフェイ・モズコフ、ホセ・カルデロンといったベテランプレイヤーを加えたレイカーズ。 昨季はフランチャイズワーストとなるレギュラーシーズン17勝65敗、勝率20.7%を散々たるシーズンを...
クリス・ボッシュ

パット・ライリー クリス・ボッシュのヒート復帰を諦める

マイアミ・ヒートのクリス・ボッシュは先日、身体検査をクリアできなかった。 これにより、ボッシュの現役復帰は遠のいてしまったが、ボッシュは復帰を諦めていない。 だが、復帰するとしたらマイアミ・ヒートではなく、他のチームになる可能性が高いようだ。 sun-sentinel.comによると、ヒートがチームとしてボッシュの復帰...
ボブ・マイヤーズ

ボブ・マイヤーズGM「ウォリアーズの時間が来た」

王座奪還を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズは、このオフにオールスターのケビン・デュラントを獲得した。 だが、その代償としてアンドリュー・ボガットやハリソン・バーンズ、フェスタス・エジリ、リアンドロ・バルボサなど、多くの主力選手を放出。 大幅なロスター改定には批判もあるが、ボブ・マイヤーズGMは今のウォリアーズに自信...
ティム・ハーダウェイ

ティム・ハーダウェイ 飲酒運転容疑で半年の禁固刑か?

現役時代は“キラークロスオーバー”を武器とし、ディフェンスを切り裂いたティム・ハーダウェイは、2014年からデトロイト・ピストンズのアシスタントコーチを務めている。 だが、来季前半はピストンズに加われない可能性が出てきたようだ。 the Detroit Free Pressによると、ハーダウェイは先日、飲酒運転の容疑で...
チャンドラー・パーソンズ

マーク・キューバン「チャンドラー・パーソンズは今でも良い友人」

昨季までの2シーズンをダラス・マーベリックスでプレイしたチャンドラー・パーソンズは、この夏にメンフィス・グリズリーズとの契約を決断した。 パーソンズがマブス移籍を決断した当時、オーナーのマーク・キューバンはパーソンズと盃を交わし、有効な関係を築き上げてきたが、パーソンズのマブス離脱には多少なりともショックを受けたことだ...