フロント

Tagged
ロイ・ヒバート

ミッチ・カプチャックGM ロイ・ヒバートの復活に期待

インサイドに弱みを抱えていたロサンゼルス・レイカーズは、このオフのトレードで元オールスターセンターのロイ・ヒバート獲得に成功した。 とはいえ、ここ数年のヒバートはパフォーマンスレベルを落としており、かつてのようなプレイでレイカーズに貢献できるとは限らない。 だが、レイカーズのゼネラルマネージャーを務めるミッチ・カプチャ...
バイロン・スコット

ジム・バス バイロン・スコットHCについて「レイカーの血が流れてる」

ドアマットチームとなってしまったロサンゼルス・レイカーズだが、ディアンジェロ・ラッセルら若手有望選手を豊富に揃え、古豪復活への道を歩み始めている。 レイカーズ復活の大きな鍵となるひとつは、やはりバイロン・スコットHCの手腕だろう。 昨季はコービー・ブライアントに過度ともされるプレイングタイムを与え、批判も浴びてしまった...
ジュリアス・ランドル&ディアンジェロ・ラッセル&ジョーダン・クラークソン

ジム・バス レイカーズの若手三人衆を絶賛

今年のドラフトで期待のルーキーポイントガード、ディアンジェロ・ラッセルを獲得したことで、レイカーズはラッセル、ジュリアス・ランドル、ジョーダン・クラークソンという将来有望な3選手を擁することとなった。 当初、レイカーズはセンターのジャリル・オカフォーを指名すると予想されていたものの、予想に反してポイントガードのラッセル...
フィル・ジャクソン

フィル・ジャクソン球団社長 新生ニックスについて「序盤は苦しむだろう」

フランチャイズ史上ワーストとなる成績でシーズンを終えたニューヨーク・ニックスは、このオフにロビン・ロペスやアーロン・アフラロ、カイル・オクイーン、サーシャ・ブヤチッチ、クリスタプス・ポルジンギスらを新たに加えた。 メンバーだけを見ると明らかに昨季より充実しているが、トライアングルオフェンスが浸透するまで時間を要するだろ...
タイ・ローソン

ダリル・モレーGM タイ・ローソンの獲得は「ジェイムス・ハーデンとドワイト・ハワードを助けるため」

ヒューストン・ロケッツはこのオフ、デンバー・ナゲッツとのトレードでポイントガードのタイ・ローソンを獲得した。 プライベートで問題を起こしたということもあり、ローソンのトレードには賛否両論見られるが、ジェイムス・ハーデンとドワイト・ハワードの負担を減らすため、ローソンのトレード獲得に踏み切ったようだ。ダリル・モレーGMの...
マイケル・ジョーダン&フィル・ジャクソン

フィル・ジャクソン球団社長 全ニックスメンバーにマイケル・ジョーダンの本を渡す

フランチャイズ史上ワーストのシーズンを終えたニューヨーク・ニックスには、勝利の哲学が欠けていたのかもしれない。 かつてシカゴ・ブルズを6度、ロサンゼルス・レイカーズを5度チャンピオンに導いたフィル・ジャクソン球団社長にとって、まさに信じられないシーズンだったと言えるだろう。 そのジャクソン球団社長がチームに勝利の哲学を...
フィル・ジャクソン

フィル・ジャクソン球団社長 ニックスについて「解散しなければならなかった」

“禅マスター”ことフィル・ジャクソン球団社長率いるニューヨーク・ニックスは、このオフにロスターの大改革を行った。 昨季はフランチャイズ史上ワーストの成績に終わっただけに、来季は少なくとも昨季以上の成績が求められるだろう。 ジャクソン球団社長が断行したロスター改革にはカーメロ・アンソニーが拒否反応を示していたが、ジャクソ...
アンドレア・バルニャーニ

フィル・ジャクソン球団社長 ネッツ移籍のアンドレア・バルニャーニについて「悪影響だった」

元ドラフト1位指名選手であるビッグマン、アンドレア・バルニャーニは、このオフにニューヨーク・ニックスからブルックリン・ネッツへ移籍した。 バルニャーニと離別したニックスは新たなチームへと生まれ変わりつつあるが、バルニャーニの存在はニックスに良い影響を及ぼさなかったようだ。 ニックスの球団社長を務めるフィル・ジャクソンが...
ミッチ・カプチャック

ミッチ・カプチャックGM「ジム・バスは私の権限を制限しない」

ロサンゼルス・レイカーズのレジェンド、マジック・ジョンソンは先日、ジム・バスを「誰の意見も聞こうとしない」と批判し、ミッチ・カプチャックGMがレイカーズの主導権を握るべきと主張した。 このマジックの発言に、カプチャックGMが反応。レイカーズがバスの独裁政権であることを否定した模様。カプチャックGMのコメントをthe O...
ライアン・マクダナー

サンズのライアン・マクダナーGM「トレードでチームのバイブスが良くなった」

フェニックス・サンズのライアン・マクダナーGMがトレード期限の前に「バックコートのロスターが重い」、「どこかの時点でバランスを取らなければならない」と発言し、結果としてゴーラン・ドラギッチをマイアミ・ヒートへ、アイザイア・トーマスをボストン・セルティックスへトレードで放出した。 ドラギッチはサンズのフロントに対し「信用...