記録

Tagged
バイロン・スコット

バイロン・スコットHC レイカーズ史上ワーストのヘッドコーチになる

ロサンゼルス・レイカーズは2014-15シーズンが開幕する前、チームの再建をバイロン・スコットHCに託した。 だが、スコットHC指揮下1年目の昨季は21勝61敗、勝率25.6%に終わり、フランチャイズ史上ワーストの勝率を記録してしまった。 もちろん、コービー・ブライアントがかつてのパフォーマンスを失ったこと、さらにオフ...
トニー・パーカー

トニー・パーカーがユーロバスケットの歴代最高スコアラーに

サンアントニオ・スパーズのトニー・パーカーは現在、リオオリンピック出場の切符をかけたユーロバスケットにフランス代表のメンバーとして参戦している。 日本時間7日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表チームとの試合で、パーカーは20分のプレイで11得点を記録し、フランス代表の勝利に貢献。 また、それと同時にユーロバスケット...
コービー・ブライアント&マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダン コービー・ブライアントに「カール・マローンに追いつけ」

ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントは、キャリア通算得点でマイケル・ジョーダンの記録を抜き、歴代3位に浮上した。 ブライアントには多くのレジェンドや現役選手らから祝福のコメントが寄せられたが、csnchicago.comによるとジョーダンは先日、ブライアント本人に「カール(・マローン)に追いつけ」とメッセー...
コービー・ブライアント

コービー・ブライアント 歴代3位の通算32293得点を達成!

常にマイケル・ジョーダンと比較され続けてきたロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントが、日本時間15日の対ミネソタ・ティンバーウルブズ戦で通算32293得点を記録。 マイケル・ジョーダン氏の持つ32293得点を抜き、NBA歴代3位に浮上した。 歴代1位のカリーム・アブドゥル・ジャバーは通算38387得点、歴代2...
コービー・ブライアント

コービー・ブライアント ミスショット本数のNBA記録を樹立

日本時間12日に行われた対メンフィス・グリズリーズ戦で、ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントがミスショット本数のNBA記録を樹立した。 もちろん厳しいディフェンスにより難しいショットを強いられる、ショットクロックが残りわずかな場面でボールを託されるなど、タフなケースも多いため、ミスショットの本数がセルフィッ...
ティム・ダンカン

ティム・ダンカン マジック・ジョンソンのプレイオフダブルダブル記録に並ぶ

1998年の4月、当時21歳だったティム・ダンカンは初めてプレイオフの試合に臨み、フェニックス・サンズを相手に32得点、10リバウンドのダブルダブルを記録した。 それから16年、ダンカンは今もダブルダブルを記録する活躍をみせている。 マイアミ・ヒートとの2014年NBAファイナル第2戦、ダンカンは18得点、15リバウン...
ステフェン・カリー

ステフェン・カリーの驚異的な3ポイント

2013-14シーズン、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフェン・カリーは、261本の3Pを成功させた。 昨季の272本と比べると若干落ちてしまったが、それでもNBAトップクラスの3Pシューターと言って間違いない。 恐ろしいまでのロングレンジ・スナイパーは、このままいけばNBA史上最高の3Pシューターとして名を残す...
OJ・メイヨ

バックス フランチャイズ記録のシーズン63敗

昨シーズンはプレイオフに進出したミルウォーキー・バックスは、昨季終了後にチームを中心的役割を担っていたブランドン・ジェニングスとモンテ・エリスを放出した。 つい最近、イースタン・カンファレンスで最下位争いをしているフィラデルフィア・セブンティシクサーズがNBAワーストタイとなる26連敗を記録したが、バックスも不名誉な記...
レブロン・ジェイムス

L・ジェイムスの61得点の裏でボブキャッツに不名誉な記録誕生

今季、ニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーに62得点を許した際、シャーロット・ボブキャッツのスティーブ・クリフォードHCはチームのディフェンスに苦言を呈していた。 「プレイする準備ができてなかったんだ。彼(アンソニー)にスペースを与え過ぎてしまったよ」 そう話していたクリフォードHCだが、わずか数週間後の日本時...
ブルックリン・ネッツ

ネッツ サンダー戦でNBAワースト記録の1試合17リバウンド

日本時間1日、オクラホマシティ・サンダーと対戦したブルックリン・ネッツは、ホームゲームにもかかわらず120-95という大差で敗れた。 ブルック・ロペスを除く主力選手が復帰して以降、徐々に調子を上げつつあったネッツだが、対サンダー戦は今季ワーストの試合だったといえるかもしれない。 この試合でネッツのリバウンド数はわずか1...