Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

August 2015

Month
マリオ・チャルマーズ

ヒート マリオ・チャルマーズのトレードは若手ポイントガードの成長次第か?

税金対策の一環として、マイアミ・ヒートはマリオ・チャルマーズとクリス・アンダーセンのどちらかをトレードで放出、もしくは両選手を同時にトレードで放出する可能性がある。 このオフにゴーラン・ドラギッチと契約したことにより、チャルマーズが先発する可能性はほぼ消失したとみられるが、チャル...
ナーレンズ・ノエル

ナーレンズ・ノエル ジャンプショットの改善に取り組む

フィラデルフィア・セブンティシクサーズの将来を担うであろうひとり、ナーレンズ・ノエルは、ミドルレンジのジャンプショットを課題としている。 NBA.com/Statsによると、昨季のノエルのFG成功率は、リング下が61.2%(343本中210本)、ペイントエリア内が28.9%(18...
ブランドン・ジェニングス

ブランドン・ジェニングス「ベンチ出場でも構わない」

昨季途中のトレードでオクラホマシティ・サンダーからデトロイト・ピストンズへ移籍したレジー・ジャクソンは、このオフにピストンズと5年8000万ドルで再契約した。 スタン・バン・ガンディHCは先日、ジャクソンに大きな期待を寄せている旨のコメントを出していたが、これまで先発ポイントガー...
オムリ・カスピ

オムリ・カスピ「キングスはプレイオフに進出できる」

オムリ・カスピはこの夏、サクラメント・キングスとの再契約を決断した。 他チームと契約したとしても、おそらく一定の役割が与えられるだろう。 それでも9シーズン連続でプレイオフ進出を逃しているキングスと再契約したのは、ジョージ・カールHCとキングスのロスター、そしてデマーカス・カズン...
アンソニー・デイビス

アンソニー・デイビス 食事と筋トレで5.4kgのウェイトアップに成功

若いプレイヤーたちにとって、オフシーズンは筋トレなどで体を強くする大きなチャンス期間でもある。 すでにリーグトップクラスの選手にまで成長し、レギュラーシーズンMVP候補に選出されるほどのプレイヤーとなったアンソニー・デイビスも、例外ではない。 線の細さが目立つデイビスだが、このオ...
ジュリアス・ランドル&ディアンジェロ・ラッセル&ジョーダン・クラークソン

ジム・バス レイカーズの若手三人衆を絶賛

今年のドラフトで期待のルーキーポイントガード、ディアンジェロ・ラッセルを獲得したことで、レイカーズはラッセル、ジュリアス・ランドル、ジョーダン・クラークソンという将来有望な3選手を擁することとなった。 当初、レイカーズはセンターのジャリル・オカフォーを指名すると予想されていたもの...
アンソニー・デイビス

アンソニー・デイビス「2016年MVPよりオリンピックでの金メダル」

成長を続けているニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスは、順調にいけば来季もレギュラーシーズンMVP候補に挙げられるだろう。 だが、デイビスはレギュラーシーズンMVPより、オリンピックでの金メダルのほうが価値あるものと考えているようだ。デイビスのコメントをRealGM...
アンドレア・バルニャーニ

アンドレア・バルニャーニ 足首負傷も軽傷か?

ニューヨーク・ニックスから再契約のオファーをもらえなかった元ドラフト1位プレイヤーのアンドレア・バルニャーニは、最終的にブルックリン・ネッツと契約した。 ニックスがオファーを出さなかったひとつの要因として、怪我が多く、安定してプレイできなかったことが挙げられるが、日本時間29日に...
ラマーカス・オルドリッジ

ラマーカス・オルドリッジ「ティム・ダンカンの後釜になるつもりはない」

キャリア18年目を終えた39歳のティム・ダンカンは、このオフに現役続行を決断し、サンアントニオ・スパーズと再契約を結んだ。 だが、引退が近いのは間違いない。 ダンカンが去った後、誰が後継者としてスパーズを支えていくのだろうか? このオフに獲得したオールスターフォワード、ラマーカス...
クレイ・トンプソン&ステファン・カリー

クレイ・トンプソン「俺らが最高のシューティングバックコート」

昨年オフ、どのチームのバックコートがリーグでベストなのかという議論が交わされた。 ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールとブラッドリー・ビールをはじめ、多くのバックコートが名乗りを挙げたが、ゴールデンステイト・ウォリアーズがタイトルを獲得したことにより、“スプラッシュブラザーズ...