ディアンドレ・ジョーダン「センターは絶滅しない」

【PR】

近年ではスモールラインアップを取り入れるチームが増えてきたことにより、センターポジションのプレイヤーの重要性が失われつつある。

3Pを武器とするセンターも増えてきているように、以前のリーグとは様変わりしたと言えるだろう。

では、センターというポジションは将来的になくなってしまうのだろうか?

ロサンゼルス・クリッパーズのセンター、ディアンドレ・ジョーダンは、現在のリーグの傾向を理解しつつも、センターポジションのプレイヤーが絶滅することはないと考えているようだ。ジョーダンのコメントをESPNが伝えている。

「ゲームは間違いなく進化してる。ガードがより重要視されてきてる。だけど、支配できるビッグマンもたくさんいる。俺らが絶滅することは絶対にない。NBAにこれ以上センターがいないとしてもね。スターティングラインアップを紹介する時、俺をフォワードのポジションとしてコールしてくれ」

リーグを代表するセンターであるジョーダンだが、オールスターにはまだ一度も選出されたことがない。

そのため、ダンクコンテストに出場するのはオールスターに選出された時と決めているという。

リーグでは4Pラインの導入も検討されているというが、もし4Pラインが導入されることになればセンターポジションのプレイヤーの役割はどう変化するのだろうか?

シャキール・オニールのような圧倒的支配力を持つセンターが現れない限り、スモールラインアップ重視のゲームは変わらないかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読