September 2016

Month
ブラッドリー・ビール

ブラッドリー・ビール 軽度の脳震盪で離脱

ワシントン・ウィザーズのシューティングガード、ブラッドリー・ビールが、軽度の脳震盪でトレーニングキャンプを一時離脱する模様。 the Washington Postによると、ビールは練習の際にセンターのイアン・マヒンミのエルボーを頭部にもらい、軽い脳震盪と診断されたという。 翌日...
ニック・ヤング

ニック・ヤング ルーク・ウォルトン新HCのシステムについて「俺に合う」

バイロン・スコット前HCの下、ニック・ヤングは自身のパフォーマンスを発揮することができずにいた。 イギー・アゼリアと婚約を解消するなど、公私ともに激動の1年を送ったヤングだが、ルーク・ウォルトンのヘッドコーチ就任はヤングのキャリアを好転させるだろうか? ヤングはスコットのシステム...
ジョン・ストックトン

ジョン・ストックトン バックスのトレーニングキャンプで指導

カール・マローンとのコンビネーションプレイでユタ・ジャズを牽引したポイントガード、ジョン・ストックトンは、歴代最多となる通算1万5806アシストを記録したレジェンドだ。 そのストックトンが、同じく一時代を築いた現ミルウォーキー・バックスのヘッドコーチであり、歴代2位となる通算1万...
キャメロン・ペイン

サンダーのキャメロン・ペイン 中足骨骨折で離脱

オクラホマシティ・サンダーのポイントガード、キャメロン・ペインが右足の第5中足骨を骨折し、離脱した模様。 サンダーによると、ペインは紅白戦でドライブを仕掛けた際にディフェンダーと接触し、骨折したという。 復帰時期については明らかになっていないが、これまでにも足を骨折した経緯がある...
レジー・ミラー

レジー・ミラー「ラリー・バードは信じられないようなショットを決めた」

偉大な3Pシューター、クラッチシューターとして歴史に名を残したレジー・ミラーは、あるレジェンドの多大な影響を受けた。 そのレジェンドとは、現在インディアナ・ペイサーズの球団社長を務めているラリー・バードだ。 1991年のプレイオフでは現役プレイヤーとして対戦し、後にインディアナ・...
ドウェイン・ウェイド

ドウェイン・ウェイド「ラジョン・ロンドは一緒にプレイしてきた中で最高のポイントガード」

マリオ・チャルマーズやゴーラン・ドラギッチ、ゲイリー・ペイトンなど多くのポイントガードと共にプレイしてきたドウェイン・ウェイドは、2016-17シーズンからシカゴ・ブルズでラジョン・ロンドとタッグを組む。 サクラメント・キングスで復活の兆候を見せ、完全復活が期待されているロンドだ...
アンソニー・デイビス

ペリカンズ アンソニー・デイビスをセンターポジションでメイン起用か?

昨季のニューオーリンズ・ペリカンズは相次ぐ負傷者の発生により、苦しい時間を過ごした。 来季開幕にも数人のプレイヤーが間に合わない見込みとなっており、アルビン・ジェントリーHCは難しい采配を余儀なくされるだろう。 ジェントリーHCは、パワーフォワードのアンソニー・デイビスをセンター...
ステフィン・カリー

来年夏に完全FAのステフィン・カリー「ここに戻ってきたい」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、2016-17シーズン終了後に完全FAになる。 2年連像でMVPに輝き、名実ともにリーグトップクラスのプレイヤーとなったカリーには、多くのチームがオファーを出すことだろう。 だが、あくまで現時点ではあるが、カリーはウォリアー...
ジェイムス・ハーデン

ジェイムス・ハーデン ジョン・ストックトンのスタイルを踏襲?

ヒューストン・ロケッツのヘッドコーチに就任したマイク・ダントーニは先日、ジェイムス・ハーデンをポイントガードのポジションで起用する可能性を示唆した。 ダントーニHCによると、ハーデンのパス供給能力をより活かせるポジションがポイントガードであるという。 もちろん全試合をポイントガー...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス 昨季のファイナルについて「決して忘れられない」

レブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズは、昨季のファイナルでゴールデンステイト・ウォリアーズに1勝3敗と追い詰められながらも、奇跡的な逆転勝利を果たした。 まさに歴史に残るファイナルだったと言っても過言ではないが、キャブスの選手たちは今でもファイナルを思い起こし...