【スポンサーリンク】

NEWS

Category
ジェリー・ウェスト

ジェリー・ウェスト ウォリアーズと再契約か?

ゴールデンステイト・ウォリアーズとジェリー・ウェストの契約は、今年7月に満了となる。 ウェストには複数のチームが興味を持っており、フロントオフィスに迎え入れる用意があると噂されているが、ウォリアーズは再契約についてすでにウェストと話ったようだ。 ウェストについて、オーナーのジョー・ラコブは次のようにコメント。San J...
ポール・ジョージ

バイロン・スコット「レイカーズはこの夏にポール・ジョージを獲得したがってる」

来年夏にFAになるインディアナ・ペイサーズのポール・ジョージは、ロサンゼルス・レイカーズ移籍を希望していると噂されている。 一方のレイカーズもジョージ獲得に興味を持っており、リスクなしで獲得できる来年夏まで待つと報じられたが、この夏にジョージ獲得に動く可能性はゼロではないかもしれない。 レイカーズでヘッドコーチを務めた...
ロンゾ・ボール

マジック・ジョンソン「ロンゾ・ボールと親は関係ない」

ロサンゼルス・レイカーズは今年のドラフト2位指名権でポイントガードのロンゾ・ボールを獲得すると噂されている。 だが、ロンゾ・ボールの父であるラバー・ボールは過激発言を繰り返しており、それがレイカーズに悪影響を及ぼしてしまうのではと危惧しているファンがいるのも事実だ。 しかし、ジョンソンはロンゾ・ボールとラバー・ボールを...
レブロン・ジェイムス

シャキール・オニール「レブロン・ジェイムスはシャックとマイケルとマジックのミックス」

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、史上最高のアスリートと評価されている。 オールラウンドなプレイでリーグを牽引し続けているジェイムスだが、かつてリーグを支配したシャキール・オニールの目にもジェイムスは偉大なプレイヤーとして映っているようだ。オニールのコメントをCleveland.comが伝えている...
エネス・カンター

トルコ政府 エネス・カンター逮捕状を発行

オクラホマシティ・サンダーのエネス・カンターは先日、トルコに入国しようとしたところ、パスポートの効力が失効しており、ルーマニア空港で拘束された。 かねてからトルコのエルドアン大統領を「俺たちの時代のヒトラー」などと強烈に批判し、エルドアン大統領に敵対するフェトフッラー・ギュレンをサポートする姿勢を明かしていたことが原因...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス 遂に薄毛を認める

クリーヴランド・キャバリアーズ復帰以降のレブロン・ジェイムスには、薄毛進行疑惑がかかっていた。 まるで薄毛進行を隠すかのように、太目のヘッドバンドを着用していたジェイムスだが、今はヘッドバンドを外してプレイしている。 そして、プレイオフ通算得点でマイケル・ジョーダンの記録を抜いたことにより、ジェイムスは遂に薄毛の進行を...
パウ・ガソル

パウ・ガソル「ウォリアーズは俺のキャリアを通して最高レベル」

王座奪還を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズは、12戦全勝でファイナル進出を決めた。 ケビン・デュラントを新たに加えたウォリアーズは圧倒的なパフォーマンスを見せている。 今季からスパーズでプレイしているパウ・ガソルも、ウォリアーズの強さを肌で実感したようだ。ガソルのコメントをmercurynews.comが伝えている...
ティロン・ルー

ティロン・ルーHC マイク・ブラウンACに100ドルの借りがあることを認める

クリーヴランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズがファイナルで対戦するのは、これで3年連続となる。 ライバル関係にあり、これまでタイトルを分け合っている両チームだが、今季のファイナルはティロン・ルーHC、そしてスティーブ・カーHCに代わって指揮すると見られているマイク・ブラウンACにとって特別なシリーズ...
ステフィン・カリー

ステフィン・カリー「ファイナル進出は簡単じゃなかった」

現在のリーグはゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーヴランド・キャバリアーズの二強時代に突入している。 ウォリアーズは全勝で、キャブスはわずか1敗を喫したのみでファイナルに進出。 両チームとも圧倒的な力を見せつけており、簡単にファイナル進出を決めたかのように思えるが、ステフィン・カリーはそう言われるのを心外だと思って...
ジョシュ・ロングスタッフ

ニックス ジョシュ・ロングスタッフACとの決別は前からの決定事項?

ニューヨーク・ニックスは先日、アシスタントコーチのジョシュ・ロングスタッフと再契約しないことを発表した。 ロングスタッフはクリスタプス・ポルジンギスと親しい間柄にあったため、ミーティングを無断欠席してラトビアに帰国したポルジンギスに対する見せつけであるとも指摘されたが、そうではないかもしれない。 the New Yor...

【スポンサーリンク】