【スポンサーリンク】

FIBA オーストラリア対アンゴラ戦での八百長疑惑を調査

スペインで開催されているFIBAバスケットボール・ワールドカップの予選ステージグループD、オーストラリア代表対アンドラ代表の試合に、八百長の疑惑が浮上している。

この試合でオーストラリアが勝利していれば、オーストラリアは決勝トーナメントでチームUSAと対戦。

一方、敗れればスロベニア代表がチームUSAと対戦することとなっていた。

オーストラリアとアンゴラの試合は、オーストラリアが前半を13点のリードで折り返したが、第3Qに急失速。

ディフェンスでも集中力を欠くシーンが多々見受けられ、簡単に速攻を許していた。

前半とは打って変わった試合内容だっただけに、チームUSAとの試合を避けるためにわざと負けたのではないかと、多くの疑問の声が寄せられている。

これにはスロベニア代表としてプレイしているゴーラン・ドラギッチも声を荒らげている模様。

なお、決勝トーナメント1回戦でトルコ代表と戦ったオーストラリアは、1点差で敗れている。

この疑惑について、FIBAが調査に乗り出しているようだ。

故意によるものかどうかはわからないが、戦略として考えればオーストラリアの判断は間違っていないのかもしれない。

一方、スポーツマンシップという面から見ると、やはり首をかしげたくなるところだ。

ロンドンオリンピックのサッカーでも同様のケースが問題となっていたが、果たしてFIBAはどのような決断を下すのだろうか。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ナゲッツファン

    小細工しても結局負けるんですから、どうせならチームUSAと戦って負けた方が良い経験になったのに…。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      オーストラリアは必死に否定してますね・・・
      動画をみるとどうしてもわざとやられてるように見えてしまう・・・

  2. By Koichiro

    ダイジェスト観ている限り、完全に故意に負けようとしたのだと思います。

    戦略的には正しいでしょうが、観ていて腹立たしく感じるのも事実。

    そしてそんなチームがトーナメントで勝ち上がれるわけもなく、トルコの劇的な決勝シュートの前に敗北。

    侍魂がある日本には絶対にしないでもらいたいものです。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      確かにやってほしくないですよね。
      代表チームは賞金の関係もあるんでしょうけど、プライドをかけて戦ってほしいかなと思ってます。

*

CAPTCHA