【スポンサーリンク】

ペイサーズのケビン・プリチャードGM「ランス・スティーブンソンのベストを祈る」

ペイサーズのケビン・プリチャードGM「ランス・スティーブンソンのベストを祈る」

ランス・スティーブンソンはインディアナ・ペイサーズでプレイした2013-14シーズンをキャリアベストの1年とし、MIP有力候補に挙がると、さらなる躍進を求めて移籍した。

その後、シャーロット・ホーネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、メンフィス・グリズリーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、ミネソタ・ティンバーウルブズを転々とするもかつてのパフォーマンスを発揮することができず、2016-14シーズン中にペイサーズに復帰。

以降は再び輝きを取り戻し、チームの主力のひとりとして活躍した。

だが、さらなる高みを目指すペイサーズは、スティーブンソンとの決別を選択。

スティーブンソンとの決別にあたり、ペイサーズのケビン・プリチャードGMがコメントを寄せたようだ。SB Nationの記者がTwitterで伝えている。

「時として、彼は我々のチームのベストプレイヤーだった。時として、彼は他のチームのベストプレイヤーだった。我々はランスを愛している。彼のベストを祈ってるよ」

スティーブンソンは先日、ロサンゼルス・レイカーズとの契約に合意。

これまで激しいバトルを繰り広げてきたレブロン・ジェイムスとチームメイトになる。

ペイサーズとは違うカンファレンスになるものの、ペイサーズを見返すパフォーマンスを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA