【スポンサーリンク】

Page 2

ステフィン・カリー

ステフィン・カリー「クレイ・トンプソンがいなかったら・・・」

ゴールデンステイト・ウォリアーズはステフィン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心とし、一時代を築き上げた。 ドラフト当時のカリーにはそれほど期待が寄せられていなかったものの、トンプソンと共に圧倒的なアウトサイドショットでチームを牽引。 カリーによると、トンプ...
ウィル・バートン

マイケル・マローンHC ナゲッツのベスト2プレイヤーは「ウィル・バートン」

デンバー・ナゲッツのベストプレイヤーをひとり挙げるとしたら、ほとんどのファンはオールスターセンターのニコラ・ヨキッチを挙げるだろう。 ナゲッツがヨキッチ中心のチームであることは間違いない。 では、ヨキッチに次ぐベストプレイヤーは誰なのだろうか? レジェンドのチャールズ・バークレー...
アンドレ・ドラモンド

アンドレ・ドラモンド 悪習の改善が必要?

デトロイト・ピストンズのアンドレ・ドラモンドにはトレードの噂が出ている。 だが、有力視されていたアトランタ・ホークスとニューヨーク・ニックスはドラモンドのトレード獲得計画を撤回。 ドラフト指名権の放出を嫌い、ドラモンドがオプションを破棄してFAになるであろう今年夏を待つと報じられ...
カール・アンソニー・タウンズ

カール・アンソニー・タウンズ ジミー・バトラーに皮肉?

2015年のドラフト1位でミネソタ・ティンバーウルブズに入団した当時、カール・アンソニー・タウンズはチームを再建に導くプレイヤーとして期待されていた。 だが、ウルブズを安定してプレイオフ進出に導くことができず、最近ではトレードの噂が浮上している。 タウンズにとって難しい時間が続い...
ルカ・ドンチッチ

ルカ・ドンチッチ「レブロン・ジェイムスがいるからオールスターキャプテンにはならない」

現地16日、NBAオールスター2020の投票途中経過が発表された。 最多票を獲得したのは、前回に引き続きロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムス。 ジェイムス次ぐ票数を獲得したのは、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチだ。 つまり、ドンチッチがオールスターチームのキャプ...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス トロイ・ダニエルズにシグネチャーシューズをプレゼント

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは先日、オーランド・マジックに敗れ、10連勝に到達することができなかった。 だが、普段はあまり出場機会を得ることができていないトロイ・ダニエルズとクイン・クックが躍動。 一時は21点のリードを許していたレイカーズだったが、ダニエルズと...
ゲイリー・ペイトン

ゲイリー・ペイトン「この時代でプレイするなら適応する」

レジェンドのゲイリー・ペイトンは、NBA史上有数のディフェンダーとしても活躍したひとりだ。 激しい闘争心を持ち合わせ、時にはトラッシュトークで相手に立ち向かっていたペイトン。 もしペイトンが今の時代でプレイしていたら、どのようなパフォーマンスを見せたのだろうか。 ペイトンによると...
トレバー・アリーザ

ブレイザーズ キングスとのトレードでトレバー・アリーザなど3人獲得

ポートランド・トレイルブレイザーズとサクラメント・キングスの間でトレードが成立した模様。 ESPNの記者によると、ブレイザーズはこのトレードでケント・ベイズモア、アンソニー・トリバー、2つのドラフト2巡目指名権をキングスへ放出し、トレバー・アリーザ、ウェンデル・ガブリエル、カレブ...
マイケル・ポーターJr

チャールズ・バークレー マイケル・ポーターJrは「チーム2番目の男になる」

2018年のドラフト14位指名でデンバー・ナゲッツに入団したマイケル・ポーターJrは、怪我の影響でルーキーシーズンを全休した。 つまり、今季がNBAデビューシーズンとなるわけだが、近い将来にはナゲッツの中心プレイヤーのひとりとなるかもしれない。 まだ出場時間は安定しないものの、先...
ルカ・ドンチッチ

ルカ・ドンチッチ カーメロ・アンソニーとの対戦は「スペシャル」

キャリア2年目を迎えているダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、現地17日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で8本の3Pを含む35得点、8リバウンド、7アシストを記録し、チームを勝利に導いた。 これでマブスは4連勝。 ホームでの勝利であっただけに、アリーナに駆けつけたフ...
ドレイモンド・グリーン

チャールズ・バークレー「ドレイモンド・グリーンはあまり喋らなくなった」

ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンを怪我で欠く今季のゴールデンステイト・ウォリアーズは、昨季までとは一変して厳しい戦いを余儀なくされている。 そのため、これまでチームを牽引し続けてきたドレイモンド・グリーンにも多くの負担がかかっていると言えるであろう。 それはウォリアーズを指...