【スポンサーリンク】

2012-13シーズン クラッチタイム得点ランキング【4位~6位】

今回は2012-13レギュラーシーズンのクラッチタイム(ラスト5分)得点ランキング4位~6位を振り返ってみたいと思う。

第4位 コービー・ブライアント(LAL)

クラッチタイムの強さはリーグ随一。

アキレス腱断裂からの復帰後、同様のプレイを見せられるか不安視されている。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均3.7得点
  • 平均出場時間3.3分
  • FG成功率42.5%
  • 3P成功率35.5%
  • プレイ効果率+0.3

第5位 レブロン・ジェイムス(MIA)

NBAトップのオールラウンダー。

リーグの記録を次々と塗り替えている。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均3.7得点
  • 平均出場時間4.6分
  • 平均1.4アシスト
  • FG成功率44.2%
  • プレイ効果率+3.6

第6位 トニー・パーカー(SAS)

プレイオフでも勝負強さを発揮。

チームのスコアリングリーダーでもある。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均3.4得点
  • 平均出場時間5.0分
  • FG成功率47.1%
  • 3P成功率50.0%
  • プレイ効果率+1.0

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA