ウェズリー・ジョンソン クリッパーズとミニマム契約で合意

【スポンサーリンク】

フォワードのウェズリー・ジョンソンがロサンゼルス・クリッパーズとミニマム契約に合意した模様。RealGMが伝えている。

このオフ、クリッパーズはポール・ピアースとランス・スティーブンソンをロスターに加えるも、オールスターセンターのデアンドレ・ジョーダンと再契約することができなかった。

今後はクリス・ポールとブレイク・グリフィンにより大きな働きが期待されるが、ピアースとスティーブンソン、そしてジョンソンの獲得は良い補強と言えそうだ。

とはいえ、トレードが噂されているジャマール・クロフォードの動向が気になるところ。

また、センターポジションの選手獲得が急務となるだろう。

ジョンソンは昨季、ロサンゼルス・レイカーズで76試合に出場し、平均9.9得点、4.2リバウンド、FG成功率41.4%、3P成功率35.1%を記録。

キャリア5年ではレイカーズの他、ミネソタ・ティンバーウルブズ、フェニックス・サンズでもプレイした経験を持ち、キャリア通算349試合の出場で平均8.5得点、3.5リバウンド、FG成功率40.9%、3P成功率35.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ブライアントノア

    ウェズリーはシーズン中に「残りたい」って言ってくれてましたが、だんだんとレイカーズのロスターが埋まっていくのを見て「これはウェズリーの入る余地はないのかな」と思っていた今日この頃でした。そしてやっぱり。
    ピアースの壁は厚いと思うけど、出場機会に恵まれることを祈ってます。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ベンチプレイヤーでしょうけど、コンスタントに出場してくれるはず!

*

CAPTCHA