サンズ マーキーフ・モリスの放出を検討か?

【スポンサーリンク】

フェニックス・サンズは先日、マーカス・モリスをでトレードでデトロイト・ピストンズへ放出した。

ついに双子の兄弟が離れ離れでプレイすることになったわけだが、マーキーフ・モリスにもトレードの噂が浮上した模様。

Grantlandによると、当初のサンズはラマーカス・オルドリッジを獲得したらモリスを放出していたというが、オルドリッジ獲得に失敗した今でもモリスの放出を検討しているという。

暴行事件の嫌疑がかけられているということが大きな理由のひとつだろう。

なお、モリスとのトレードでニューオーリンズ・ペリカンズのライアン・アンダーソン獲得を狙っているという噂があるものの、ペリカンズはアンダーソンのトレードに応じないと予想される。

2011年のドラフト13位指名でサンズ入りしたモリスは、キャリア4年で平均11.4得点、5.4リバウンド、FG成功率44.9%、3P成功率32.8%を記録。

昨季はレギュラーシーズン全82試合に先発出場し、平均15.3得点、6.2リバウンド、2.3アシスト、1.2スティール、FG成功率46.5%、3P成功率31.8%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA