ジャレッド・ダドリー 椎間板ヘルニア手術で3~4カ月の離脱

【スポンサーリンク】

今月序盤のトレードでミルウォーキー・バックスからワシントン・ウィザーズに移籍したジャレッド・ダドリーが、椎間板ヘルニアの手術を受けた模様。ウィザーズが公式ホームページで発表している。

ウィザーズによると、椎間板ヘルニア手術はすでに終了し、復帰までに3~4カ月かかる見通しだという。

ウィザーズのアーニー・グランフェルド球団社長は、ダドリーの手術について次のようにコメントした。

 

「ジャレッドと彼のエージェント、マーク・バーテルステインと話し合った時、彼がこの負傷で痛みを抱えながらプレイしていたことを知った。チームドクターおよび数人の専門家と話し合いを重ねた結果、来るシーズンに向けて準備するため、またさらなる怪我のリスクを軽減するために、我々は手術というアプローチを決断した」

一方、失望中のダドリーはこう話している。

 

「トレーニングキャンプ開始から新たなチームメイトと一緒にコートに立てないことを残念に思う。この手術でベストのパフォーマンスができるようになり、シーズンを通して貢献できる自信があるんだ。チームの忍耐とさぽーとに感謝してる。早くコートに戻るためにハードに取り組むことをチームメイトたちとファンのみんなに約束するよ」

3~4カ月の離脱となると、来季開幕には間に合わない可能性が高い。

また、開幕してから1カ月離脱する可能性もあるため、ウィザーズにとっては誤算だったと言えるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA