ケンドリック・パーキンス 1年ベテランミニマム契約でペリカンズ移籍へ

【スポンサーリンク】

昨季途中のトレードでクリーヴランド・キャバリアーズに加わったケンドリック・パーキンスが、ニューオーリンズ・ペリカンズと1年のベテランミニマム契約に合意した模様。ESPNの記者がTwitterで伝えている。

キャブス移籍後は出場機会が激減し、レギュラーシーズン17試合の出場で平均2.6得点、2.4リバウンド、FG成功率48.8%、フリースロー成功率50.0%に終わったパーキンス。

ペリカンズではバックアップセンターとして起用される見込みであり、これまでより多くの出場機会を得ることができるだろう。

なお、パーキンスと再契約しなかったキャブスは現在、ロシアでプレイしているビッグマン、サーシャ・カウン獲得を検討中。

身長約213cmのカウンは、キャブスの勧誘でレブロン・ジェイムスやデイビッド・ブラットHCらとサマーリーグを観戦し、その後共にディナーを楽しんだと伝えられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA