クリス・コープランド バックスとの契約理由について「ジェイソン・キッドがいるから」

【スポンサーリンク】

キャリア3年目をインディアナ・ペイサーズで終えたクリス・コープランドは、この夏にミルウォーキー・バックスと契約した。

スモールラインナップで戦うと見られているペイサーズに残留したとしても、コープランドには十分な出場時間が与えられただろう。

だが、コープランドはバックスとの契約を決断。

これにはニューヨーク・ニックス時代に共にプレイしたジェイソン・キッドHCの存在が関係していたようだ。コープランドのコメントをYahoo!Sportsが伝えている。

 

「俺にとって最も大きなきっかけとなったのは、ジェイソン・キッドだね。バックスと契約するまで、彼は俺の友人だった。ニューヨークにいた頃は俺にとって素晴らしい師でもあったし、俺も成長できたからね」

キッドHCが指揮するバックスはこのオフにグレッグ・モンローを獲得するなど、着実に補強を遂行してきた。

コープランドも加わったバックスは、昨季以上の成績を収めてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA