ペリカンズ フォワードのトニー・ダグラスを解雇

【スポンサーリンク】

ニューオーリンズ・ペリカンズがフォワードのトニー・ダグラスを解雇した模様。ペリカンズが公式ホームページで発表している。

ダグラスを解雇したことにより、ペリカンズのロスターに登録されているのは12選手となった。

昨季からペリカンズでプレイしていたダグラスだが、日本時間2日までに解雇しなければ契約に保証が付いていたため、この動きは予想されていた。

2009年のドラフト29位でロサンゼルス・レイカーズに指名されたダグラスは、キャリア6年の間にニューヨーク・ニックス、ヒューストン・ロケッツ、サクラメント・キングス、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、マイアミ・ヒート、そしてペリカンズでプレイ。

昨季はペリカンズでレギュラーシーズン12試合に出場し、平均4.3得点、1.8リバウンド、2.0アシスト、FG成功率37.3%、3P成功率27.8%を記録。

日本時間2月5日にペリカンズと契約し、同19日に放出されるも、3月24日にペリカンズと残りのシーズンの契約を交わしていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA