若手選手に礼儀を叩き込むケビン・ガーネット

【スポンサーリンク】

現役続行を決断し、ミネソタ・ティンバーウルブズと再契約を結んだケビン・ガーネットには、コート上でのプレイだけでなく、若手選手の教育も期待されている。

男気溢れ、礼儀を重んじるガーネットだが、ネッツ時代にも若手選手に教育を施していたようだ。

ESPNの記者によると、ブルックリン・ネッツでガーネットと共にプレイしていた当時、メイソン・プラムリーはガーネットの洗礼を浴びた模様。

チームのチャーター機に搭乗したプラムリーら若手選手は、クラブケーキを注文。

そのタイミングが悪かった。

ガーネットらベテラン選手が注文する前にクラブケーキをオーダーしてしまい、ベテラン選手への礼儀を欠いたプラムリーの行動にガーネットの怒りが爆発。

プラムリーのクラブケーキを奪い去り、ベテランのレジー・エバンスに渡した。

さらに、ガーネットの洗礼はそれだけにとどまらず、ペナルティとしてプラムリーを客室乗務員として働かせ、ベテラン選手たちのおもてなしをさせたという。

今年のドラフト1位指名ルーキー、カール・アンソニー・タウンズは、プラムリーの体験談に耳を傾けなければならない。

さもなければ、ガーネットの厳しい洗礼を受けることになるだろう。

クラブケーキとは

クラブケーキ(Crab cake)は、カニ肉やパン粉、牛乳、マヨネーズ、卵、タマネギ等から作られるアメリカ料理である。ピンクペッパーやグリーンペッパー、ピンクラディッシュ等が加えられることもあり、ケーキをソテーやりグリルしてから提供することもある。伝統的にチェサピーク湾、特にメリーランド州やボルチモアで食べられることが多い。

※Wikipediaより抜粋

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA