【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツvsロサンゼルス・クリッパーズ 11月5日結果

日本時間11月5日に行われたヒューストン・ロケッツ対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、118-137でホームのクリッパーズが一度もリードを許すことなく圧勝した。

この試合では、またしてもクリス・ポールが爆発。
華麗なドリブルワークでマッチアップしたジェレミー・リンを翻弄し、23得点、17リバウンドのダブルダブルを記録。
ブレイク・グリフィン、デアンドレ・ジョーダンとのロブシティも豪快に炸裂し、優勝候補の一角に見られているロケッツ相手に余裕の試合運び。

ポールは試合を振り返り、
「オフェンスはかなり良かったよ。ずっと俺らのペースでプレイできてたし、アップテンポな展開もできた。ミスしたあとも走って取り戻したしね」
とコメントした。

また、今季からクリッパーズでプレイするJJ・レディックの活躍も見逃せない。
レギュラーシーズンから先発出場を続けているレディクは、チームハイとなる26得点を記録し、勝利に貢献。
チームに欠かせない存在となりつつあるようだ。

一方のロケッツは、開幕4連勝ならず。
注目は、ロケッツへ移籍後、初めてロサンゼルスのステイプルズ・センターに戻ってきたドワイト・ハワードだ。
13得点、9リバウンドとまずまずの数字を残したものの、マッチアップしたグリフィンにブロックショットを浴びるなど、やや精彩を欠いたといえるだろう。

ステイプルズ・センターの観客からブーイングを浴びせられたハワードは、試合を振り返って以下のようにコメント。
「あいつらは百万回でも俺にブーイングを浴びせることができるんだ。俺はそんな中でもプレイし続けるけどね」

パトリック・ビバリーの欠場が続いているロケッツだが、リンのディフェンスにも課題が残る。
課題のひとつとなっているターンオーバー数は1に抑えたが、ポール相手に翻弄された感は否めない。
チャンピオンリング獲得には、リン個人のディフェンススキル向上、そしてチームディフェンスの構築が必要となりそうだ。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ヒューストン・ロケッツ
25 41 23 29 118
ロサンゼルス・クリッパーズ
42 36 26 33 137

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    正直ハワードよりもカスピのほうが数字を出しているような気がします。
    去年のアールクラークもそうなんですけど、ハワードのバーターは活躍するという法則が。

    • By nba-sweetdays

      >名無しさん
      コメントありがとうございます(^O^)
      カスピ、プレシーズンから地味に活躍してますよね!
      今日の試合はグリフィンの勝ちでした\(^o^)/

*

CAPTCHA