【スポンサーリンク】

デンバー・ナゲッツvsオクラホマシティ・サンダー 10月16日結果

日本時間10月16日のプレシーズンゲーム、デンバー・ナゲッツ対オクラホマシティ・サンダー戦は、81-109でサンダーが圧勝した。

第1Qだけで13点のリードを奪ったサンダーは、その後も安定した試合運びを展開。

エースのケビン・デュラントはゲームハイとなる36点を記録し、チームに勢いをもたらした。

暴行容疑が問題となっているケンドリック・パーキンスを欠くサンダーは、ハシーム・サビートを先発センターに起用。

約28分の出場時間で4得点、4リバウンドに終わり、パーキンスと比較するといささか不満が残るといえるだろう。

一方のナゲッツにとっては厳しい試合に。

ターンオーバーが目立ったほか、リバウンドでもパーキンスを欠くサンダーに11本差を付けられるなど、精彩を欠く内容となってしまった。

チームで2ケタ得点を記録したのは、ネイト・ロビンソンとアンドレ・ミラー(各10得点)のみ。

先発メンバーは全員1ケタ得点に終わっている。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
デンバー・ナゲッツ
17 22 24 18 81
オクラホマシティ・サンダー
30 24 33 22 109

デンバー・ナゲッツ スタッツ

先発メンバー

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA