【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「カルーショーを気に入っている」

アレックス・カルーソ「カルーショーを気に入っている」

ロサンゼルス・レイカーズのアレックス・カルーソは、ファンから愛されているプレイヤーのひとりだ。

外見には似つかわしくない豪快なダンクやトリッキーなパスでファンを魅了し、親しまれているカルーソ。

その活躍から「レイクショー」ならぬ「カルーショー」のニックネームで愛されているが、カルーソもこのニックネームを気に入っているという。

カルーソは自身のネックネームについて次のようにコメント。Silver Screen and Rollが伝えている。

ロサンゼルスに来るまで特にニックネームはなかった。

ただ「AC」と呼ばれていた。

今では「ホワイトマンバ」や「薄毛のマンバ」、「薄毛のイーグル」、「経理」、「カルーショー」だ。

僕はカルーショーが好きだね。

レイクショーのちょっとした言葉遊びだ。

レイクショーはマジック(・ジョンソン)とカリーム(・アブドゥル・ジャバー)がいた70年代と80年代のことで、彼らはコートを駆け回った。

絶え間ないアクションにダンク、派手なパス。

そしてカルーソ、カルーショー。

ある意味レイクショーだ。

カルーソの契約は2020-21シーズンまで残っており、2021年夏に完全FAになる。

多くのレイカーズファンはカルーソのサポートし、残留を願うことだろう。

チームメイトたちからは「GOAT」と呼ばれるなど、皆から愛されているカルーソ。

これからもレイカーズの一員としてチームを盛り上げ、ファンに歓喜をもたらしてもらいたい。

なお、今季のカルーソは58試合に出場し、平均17.8分のプレイで5.4得点、1.9リバウンド、1.8アシスト、1.0スティール、FG成功率42.3%、3P成功率35.5%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算120試合に出場し、平均17.7分のプレイで5.7得点、2.0リバウンド、2.1アシスト、0.9スティール、FG成功率43.2%、3P成功率37.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA