【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール ルーキーの上から豪快ダンク?

ワシントン・ウィザーズのポイントガード、ジョン・ウォールは、昨季中に負ったアキレス腱断裂の影響により、今季を全休している。

今季がどうなろうと、ウォールは来季から復帰する見込みであるが、現時点では豪快なダンクを叩き込めるほど順調に回復しているようだ。

NBAが各チームにトレーニング施設を閉鎖するよう指示する前にGリーグの選手たちと調整していたというウォールは、ルーキーの上から豪快なダンクを叩き込んだという。

ダンクを見舞われたギャリソン・マシューズは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「彼を止めようとして、彼と一緒にジャンプしたんだ。だけど、ひどい過ちだった。なぜなら、彼は俺の頭の上をいったからね」

ウォール不在のウィザーズは現時点で24勝40敗。

プレイオフ進出は厳しい状況にあるが、ウォールが復帰するであろう来季はまったく異なるチームに生まれ変わるであろう。

また、来季の開幕は12月にずれ込むとも噂されており、それはウォールのリハビリに良い影響を与えることになりそうだ。

なお、ウォールはキャリア9年でレギュラーシーズン通算573試合に出場し、平均35.9分のプレイで19.0得点、4.3リバウンド、9.2アシスト、1.7スティール、FG成功率43.3%、3P成功率32.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA