【スポンサーリンク】

ジョシュ・リチャードソン「ヒートをキルしたい」

キャリア4年をマイアミ・ヒートで過ごした後、ジョシュ・リチャードソンはトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズへ移籍した。

ヒートでは先発で起用され、シーズンを経るごとに成長を続けていたリチャードソン。

それにもかかわらずトレードで放出されてしまったわけだが、リチャードソンは古巣を圧倒することをモチベーションのひとつにしているようだ。

リチャードソンはヒートとの対戦について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「正直に話すけど、(マイアミに)凱旋したヒートをキルしたい。彼らを20点差で倒したい。それが俺だ。もし俺がヒートにいたら、フィリーを50点差で倒したいだろう。なぜなら、それがライバルだし、チームのあり方だからね」

リチャードソンはベン・シモンズとバックコートを組み、先発出場すると見られている。

これからのヒートを牽引するひとりとも言われていたが、トレードで放出されたリチャードソン。

ヒートと対戦した際には自身の必要性を証明し、古巣のフロントオフィスを後悔させるようなパフォーマンスを見せてもらいたい。

なお、昨季のリチャードソンはレギュラーシーズン73試合に出場し、平均34.8分のプレイで16.6得点(キャリアハイ)、3.6リバウンド(キャリアハイ)、4.1アシスト(キャリアハイ)、1.1スティール、FG成功率41.2%、3P成功率35.7%を記録。

キャリア4年ではレギュラーシーズン通算259試合に出場し、平均30.7分のプレイで12.1得点、3.2リバウンド、2.9アシスト、1.1スティール、FG成功率42.5%、3P成功率36.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA