【スポンサーリンク】

ロイ・ヒバート シクサーズのプレイヤー開発コーチに就任

ロイ・ヒバート シクサーズのプレイヤー開発コーチに就任

デンバー・ナゲッツに所属した2016-17シーズンを最後に現役を引退したロイ・ヒバートが、コーチングスタッフとしてNBAに戻ってきたようだ。

The Athleticの記者によると、ヒバートはフィラデルフィア・セブンティシクサーズのプレイヤー開発部門のコーチに就任したという。

現役時代はディフェンスに定評があり、オールスターに2度選出されたヒバート。

インディアナ・ペイサーズ時代の終盤に調子を著しく落とすと、その後は自身のパフォーマンスを取り戻すことができず、30歳という若さで現役を引退した。

若手が多いシクサーズでは自身の経験を伝え、プレイヤーたちの成長をサポートすることだろう。

なお、ヒバートはNBAキャリア9年を通してペイサーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ホーネッツ、ナゲッツでレギュラーシーズン通算662試合に出場し、平均24.8分のプレイで10.0得点、6.3リバウンド、1.3アシスト、1.7ブロックショット、FG成功率46.5%、フリースロー成功率75.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA