【スポンサーリンク】

ニックスがクリス・ポール獲得を狙う?

レオン・ローズが球団社長に就任したことにより、ニューヨーク・ニックスはロスターに手を入れると見られている。

今季はポイントガードのポジションにエルフリッド・ペイトン、フランク・ニリキーナ、デニス・スミスjrを揃えたものの、ローズはニックスの再建に必要なのは証明されたポイントガードだと考えているのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ニックスはオクラホマシティ・サンダーのベテランポイントガード、クリス・ポールのトレード獲得に興味を示しているという。

昨年夏のトレードでサンダーに移籍したポールは、コート上だけでなくロッカールームでも存在感を発揮。

プレイでチームを牽引するだけでなく、若手のメンターとしても貢献し、再建期に入ると予想されたサンダーをプレイオフチームに引き上げている。

ニックスも若手が多いチームだが、注目したいのはポールとミッチェル・ロビンソンのコンビネーションだ。

クリッパーズ時代のポールとディアンドレ・ジョーダンのように、ニックスでロブシティを再現するだろう。

これまでスタープレイヤーの獲得に失敗し続けてきたニックス。

果たしてポール獲得は成功なるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA