【スポンサーリンク】

デニス・シュルーダーはレイカーズにフィットする?

ロサンゼルス・レイカーズのベテランポイントガード、ラジョン・ロンドは、”プレイオフ・ロンド”の愛称にふさわしい活躍を見せている。

今のレイカーズにとって不可欠なバックアップガードであり、チームメイトたちもリーダーシップを発揮しているロンドに信頼を寄せていることだろう。

だが、シーズンを通して見ると負傷離脱が多く、来季以降を考えると34歳という年齢も気になるところだ。

そんな中、bleacherreport.comがあるトレード計画を提案した模様。

bleacherreport.comによると、レイカーズはオクラホマシティ・サンダーとのトレードでデニス・シュルーダーを獲得すれば、ロンド以上にセカンドメンバーをスパークさせることができるという。

このトレード計画でレイカーズが放出するのは、シックスマンのカイル・クーズマ。

クーズマはディフェンスの改善が見られるものの、レイカーズのシックスマンとしては十分でないパフォーマンスにとどまっている。

先発した時のクーズマは素晴らしいパフォーマンスを見せたが、今のレイカーズにその余地はない。

サンダーへ移籍すればスターティングラインアップとして重宝され、さらなる成長が期待されるだろう。

一見WIN-WINのトレードのようにも感じるが、まずはビリー・ドノバンを解雇したサンダーがロスターを抜本的に見直すか否かに注目が集まる。

もし抜本的に見直すのであれば、このトレードが成立する可能性は十分ありそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA