【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「音楽はかけてくれ」

病気の影響で2試合を欠場したゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現地12日のブルックリン・ネッツ戦で復帰する予定だった。

だが、NBAは状況にさらなる悪化を防ぐため、シーズンの休止を決定。

無観客試合の予定であったネッツ対ウォリアーズ戦も中止となった。

シーズン休止の決定が下される前、カリーは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「ゲームが予定通り行われるなら、音楽をかけてくれ。プレイヤーたちのルーティンをできる限りいつも通りにするためにね」

現状を受け、現地11日のユタ・ジャズ対オクラホマシティ・サンダー戦が急遽中止された。

ジャズのルディ・ゴベールにポジティブの検査結果が出たことが判明したためだという。

最低でも2週間は休止されるというが、NBAは難しい判断を強いられることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA