【スポンサーリンク】

アル・ホーフォードがベンチ出場について「どんな形でも力になりたい」

ベン・シモンズとジョエル・エンビード擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズには、NBAタイトル獲得の期待がかかっていた。

だが、今季は期待外れのパフォーマンスにとどまっており、現在の順位はイースタン・カンファレンス6位。

シクサーズが飛躍できないひとつの要因は、エンビードとアル・ホーフォードの相性だろう。

この状況を鑑み、指揮官のブレット・ブラウンHCはホーフォードのベンチ起用を検討しているという。

NBAキャリアを通して先発起用されてきたホーフォードだけに、モチベーションの低下につながることが懸念されるが、キャリア13年のベテランにその心配は必要ないのかもしれない。

ホーフォードはベンチ出場について次のようにコメント。Sixers Wireが伝えている。

僕としてはチームが良いプレイをすることを望んでいるし、ハイレベルでプレイすることを望んでいる。

僕は働き続けるつもりだし、どんな形でもチームの力になりたいと思っているんだ。

僕たちが成功するためには、僕がいろんなラインアップでプレイしなければならない。

ジョエルとプレイしなければならない時もある。

他の選手とプレイしなければならない時もある。

だから(ベンチ出場は)問題ではないよ。

エンビードとホーフォードはポストプレイありアウトサイドショットありのビッグマンであるが、ポジションがかぶり、足を引っ張り合ってしまうケースも少なくない。

ベン・シモンズにアウトサイドショットがないこともひとつの要因だろうが、エンビードとホーフォードを分けて起用することにより、チームとして快適にプレイできるようになるだろう。

また、ホーフォードにはトレードの噂も浮上しているため、オーランドでのシーズンで自身の必要性を証明したいところだ。

なお、ホーフォードとエンビードの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

アル・ホーフォードジョエル・エンビード
出場試合数6044
平均出場時間30.830.2
平均得点12.023.4
平均リバウンド6.911.8
平均アシスト4.13.1
平均スティール0.90.9
平均ブロックショット0.91.3
平均ターンオーバー1.13.1
FG成功率44.2%47.4%
3P成功率33.7%34.8%
フリースロー成功率75.3%81.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA