【スポンサーリンク】

TJ・ウォーレン ジミー・バトラーとの言い争いで「頭が真っ白になった」

先日行われたマイアミ・ヒート対インディアナ・ペイサーズ戦で、ジミー・バトラーとTJ・ウォーレンが一触即発の状態となった。

最初の言い争いで両者にテクニカルファウルがコールされたが、その後バトラーからオフェンシブファウルを引き出したウォーレンは、バトラーの顔の前で拍手。

これを受け、オフィシャルはウォーレンに2度目のテクニカルファウルをコールし、ウォーレンは退場を余儀なくされたわけだが、ウォーレンは怒りのあまり我を失ってしまってたようだ。

ウォーレンはバトラーとの件を振り返り、次のようにコメント。Indy Starが伝えている。

「彼が何を言ってたのか、俺は理解できなかった。正直言うと、頭が真っ白になってたんだ」

「何が起きたのかさえ覚えてない。本当に覚えてない。自分を見失ってた。冷静さを失ってしまってたのさ」

遺恨を残してしまったウォーレンとバトラーは、現地3月20日に再び相まみえる。

次戦もペイサーズのホームゲームであるため、会場に駆けつけたファンはバトラーにブーイングを飛ばすであろう。

異様な雰囲気の中で戦うことになりそうだが、両者にはゲームで決着をつけてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA