【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「ジェリー・ウェストは今のNBAで平均24-27得点8アシストいける」

レブロン・ジェイムス「ジェリー・ウェストは今のNBAで平均24-27得点8アシストいける」

現在ロサンゼルス・クリッパーズのコンサルタントとして活動しているジェリー・ウェストは、NBA史に残る偉大なレジェンドのひとりだ。

ミネアポリス/ロサンゼルス・レイカーズ一筋のキャリアを送り、クラッチタイムで無類の強さを見せていたウェスト。

では、ウェストが今のNBAにいたとしたらどれほどのスタッツを記録できたのだろうか?

https://twitter.com/SLAMonline/status/1259147960958382081

SLAMのこの問いかけに対し、ジェイムスは次のように返答したという。clutchpoints.comが伝えている。

彼はストレート・バケット・ゲッター。

それにとんでもないパスも出せる。

つまり、彼はオフ・ザ・ボールでもオン・ザ・ボールでもプレイできるということさ。

フリースローを決めることもできる。

(今のNBAで)24-27得点、8アシストは記録できるだろうね。

ウェストが主に活躍した1960年と今とでは、ルールに大きな違いがある。

そのひとつは3Pラインがなかったということだろう。

3Pラインはバスケットボールゲームを大きく変えるため、当時と今を簡単に比較することはできない。

だが、ジェイムスはオールラウンドのパフォーマンスでレイカーズを牽引したウェストに自身を重ねていることだろう。

なお、ウェストはキャリア14年でレギュラーシーズン通算932試合に出場し、平均27.0得点、5.8リバウンド、6.7アシスト、FG成功率47.4%、フリースロー成功率81.4%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA