【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニーがGOAT議論について「比較は好きではない」

“バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダンのドキュメンタリーシリーズがオンエアされたことをきっかけに、NBA史上最も偉大な選手「GOAT」は誰なのかという議論が再び活発化している。

多くの選手や解説者はGOATにジョーダンを挙げる中、レブロン・ジェイムスやコービー・ブライアントを挙げる者も少なくない。

だが、ポートランド・トレイルブレイザーズのベテランフォワード、カーメロ・アンソニーは、そもそも比較すること自体がナンセンスであると考えているようだ。

アンソニーはGOAT議論について次のように指摘。cbssports.comが伝えている。

知っていると思うけれど、MJがGOATだ。

彼は史上最も偉大なプレイヤーさ。

我々全員がそれを知っているし、それに同意している。

現役のレブロンにも花を添えようとなぜ言えないんだ?

「MJは非常に偉大なプレイヤーだ。レブロンは非常に偉大なプレイヤーだ。コービーは非常に偉大なプレイヤーだ」となぜ言えないんだ?

そう言えない雰囲気だよね。

なぜなら、それが僕たちの社会だからなんだ。

選べるのはひとつだけなのさ。

アンソニーによると、ジョーダンとジェイムスはまったく異なるタイプのプレイヤーであるため、比較するのは難しいという。

ジョーダンブランドと契約し、またジェイムスと長年の友人であるため、比較したくないという思いもあるだろう。

だが、人それぞれ異なる考えがあるだけに、GOAT議論はこれからも続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA