【スポンサーリンク】

マーカス・スマートがロッカールームで荒れる?

ボストン・セルティックスは現地17日、マイアミ・ヒートとのカンファレンスファイナル第2戦を落とし、シリーズを0勝2敗とした。

セルティックスとしてはこの試合を制し、シリーズをタイにしたかったところだろうが、実際に勝てるチャンスはあったものの終盤に競り負けてしまった。

この結果を受け、マーカス・スマートは怒りを抑えられなかったのかもしれない。

ESPNの記者によると、スマートは試合後のロッカールームでチームメイトたちに対してフラストレーションをぶちまけ、悪態をつきながらロッカールームを出ていったという。

スマートだけでなく、他の選手たちも叫び声をあげていたというが、それだけ勝利を切望していた証拠とも言えるだろう。

こういったことはプレイオフに限らず、シーズン中にもあり、勝利を目指すうえでは不可欠なことかもしれない。

これを機に再び一致団結し、シリーズ第3戦に向けて備えたいところだ。

なお、ジェイソン・テイタムは試合後のロッカールームについて、こう話している。

僕たちはフラストレーションが溜まっていた。

だが、これはチームスポーツだ。

0勝2敗で喜べるはずがない。

おかしなことではないし、試合について話をしていただけさ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA