【スポンサーリンク】

デリック・ローズがシカゴ出身トップ8選手リストから外れる

2008年のNBAドラフト1位指名で地元シカゴ・ブルズに入団したデリック・ローズには、フランチャイズプレイヤーとしてブルズをNBAチャンピオンに導く働きが期待されていた。

NBAレジェンドのマイケル・ジョーダン離脱以降のブルズは厳しい状況を強いられていたため、ローズに期待を寄せたファンは多かっただろう。

その期待に応えるように最年少でMVPを受賞するなど、輝かしいキャリアを送っていたローズ。

だが、2度の大怪我がローズのキャリアを狂わせてしまった。

では、ローズはシカゴ出身のNBA選手としてどう評価されているのだろうか?

多くのファンはシカゴ出身のNBA選手としてローズを高く評価しているだろうが、Bleacher Reportが発表したシカゴ出身NBA選手のトップ8リストにローズは入っていなかった。

1位に輝いたのは、マイアミ・ヒートで一時代を築いたドウェイン・ウェイド。

2位は”バッドボーイズ”のひとりとしてデトロイト・ピストンズで活躍したアイザイア・トーマス、3位は今季からロサンゼルス・レイカーズでプレイしているアンソニー・デイビスが選出された。

これを受け、「ローズをトップ5に入れるべき」などの声が相次いでいる。

ローズはブルズをNBAチャンピオンに導けなかったものの、それほどシカゴのファンに愛されているということだろう。

Bleacher Reportが発表したシカゴ出身NBA選手のトップ8リストは、しばらく議論を広げることになりそうだ。

なお、前十字靭帯を断裂する前までのローズのスタッツは以下の通りとなっている。

2008-12スタッツ
出場試合数279
平均出場時間36.8
平均得点21.0
平均リバウンド3.8
平均アシスト6.8
平均スティール0.9
平均ターンオーバー2.9
FG成功率46.4%
3P成功率31.0%
フリースロー成功率81.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA