【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「ステフィン・カリーよりジェイムス・ハーデンのほうが優れたオールラウンダー」

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンとゴールデンステイト・ウォリアーズ・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

ハーデンとカリーを比較した場合、多くのファンや評論家はカリーのほうが優れたプレイヤーであると主張するだろう。

チャンピオンリングの数とMVP受賞回数を比較してもカリーが上であり、NBA史に名を残すプレイヤーであるのは間違いない。

だが、元NBAプレイヤーのケンドリック・パーキンスはカリーよりハーデンを選んだ模様。

パーキンスはハーデンを選んだ理由について次のように説明。fadeawayworld.netが伝えている。

オールラウンドプレイヤー、持っているスキル、ゲームにもたらすものを考えると、ジェイムス・ハーデンだ。

それは証明されている。

ジェイムスはオクラホマシティにいた時にラッセル・ウェストブルック、ケビン・デュラントと共にプレイし、シックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

ロケッツに移籍するとすぐにフランチャイズをマックスの状態に引き上げた。

ステフを疑っているわけではない。

ステフは最初に殿堂入りに選ばれる男さ。

ただ、ジェイムスはステフ・カリーより優れたオールラウンダーなんだ。

どちらもNBAを代表するスーパースターであり、甲乙付けがたい。

GOATの議論と同じようにチャンピオンリングの数を考慮するのであれば、カリーに軍配が上がるだろう。

ふたりがキャリアを終えた時、この議論も活発に交わされることになりそうだ。

なお、ハーデンとカリーのキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

ジェイムス・ハーデンステフィン・カリー
出場試合数826699
平均出場時間34.334.3
平均得点25.123.5
平均リバウンド5.34.5
平均アシスト6.36.6
平均スティール1.61.7
平均ターンオーバー3.73.1
FG成功率44.2%47.6%
3P成功率36.3%43.5%
フリースロー成功率85.8%90.6%
主な受賞歴シックスマン・オブ・ザ・イヤー
レギュラーシーズンMVP
オールスターゲーム8度出場
オールNBAファーストチーム5度
NBAチャンピオン3度
レギュラーシーズンMVP2度
オールスターゲーム6度出場
オールNBAファーストチーム3度

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA