【スポンサーリンク】

グレン・デイビスがセルティックス時代のドック・リバースHCについて「ラッキーだっただけ」

グレン・デイビスがセルティックス時代のドック・リバースHCについて「ラッキーだっただけ」

ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンを擁したボストン・セルティックスは、2007-08シーズンのNBAチャンピオンに輝いた。

ドック・リバースHC指揮の下、NBAファイナルで強豪ロサンゼルス・レイカーズを下し、悲願のNBA制覇を達成したセルティックス。

だが、セルティックスの一員だったグレン・デイビスによると、セルティックスがNBAチャンピオンになれたのはビッグ3のおかげであり、指揮官のリバースHCはただラッキーなだけだったという。

デイビスは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ドックの2008年はスペシャルであり、彼はとんでもなくラッキーだった。

とんでもなくラッキーだったんだ。

あの前年の彼らはひどかった。

だが、その翌年には優勝した。

彼が史上最高のコーチのひとりかって?

私はそうは思わない。

私が言っている意味が分かるかい?

KGを称賛しなければならないし、ポール・ピアースを称賛しなければならないし、レイ・アレンを称賛しなければならない。

ドックが何をやったにせよ、実現させたのは彼らだったんだ。

リバースは2004年にセルティックスのヘッドコーチに就任。

だが、リバースHC就任後のセルティックスは毎年成績を落とし、厳しい状況を強いられていた。

このようなこともあり、デイビスによると、リバースHCではなくピアース、ガーネット、アレンを集めたダニー・エインジを称賛すべきだという。

リバースHCがヘッドコーチとしてチームをチャンピオンに導いたのは2007-08シーズンのみ。

ロサンゼルス・クリッパーズでも偉大な選手たちを率いたものの、NBAチャンピオンには至っていない。

今季のクリッパーズはNBAチャンピオン最有力候補の1チームだが、リバースHCにはチームをタイトル獲得に導く采配を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA