【スポンサーリンク】

ポール・ピアース「セルティックスが嫌いだった」

ポール・ピアース「セルティックスが嫌いだった」

1998年のNBAドラフト10位でボストン・セルティックスに入団したポール・ピアースは、ボストン・セルティックスをNBAチャンピオンに導くなど素晴らしいNBAキャリアを送った。

だが、NBAドラフトでセルティックスから指名された時、ポールはひどく落胆していたのかもしれない。

オークランド生まれのピアースは、ロサンゼルス・レイカーズのファンとして育ち、ライバルチームだったセルティックスを嫌っていたという。ピアースのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はバスケットボールのファンとして、ロサンゼルスのイングルウッドで育った。

セルティックスには我慢ならなかった。

セルティックスがすごく嫌いだった。

ライバルであることにも耐えられなかった。

ラリー・バードが嫌いだった。

セルティックスのすべてが嫌いだった。

それなのにセルティックスからドラフトで指名されたんだ。

皮肉なことだよね。

ピアースのように、好みではないNBAチームから指名された選手は決して少なくない。

だが、同じチームで長く過ごすことでファンからの大きな愛を感じ、チームのために尽くそうと考えるようになるのだろう。

なお、ピアースのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームボストン・セルティックス
ブルックリン・ネッツ
ワシントン・ウィザーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
出場試合数1343
平均出場時間34.2
平均得点19.7
平均リバウンド5.6
平均アシスト3.5
平均スティール1.3
平均ターンオーバー2.6
FG成功率44.5%
3P成功率36.8%
フリースロー成功率80.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA