【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「マイケル・ジョーダンはゲームをシンプルにした」

NBA史に名を残し、永遠に語り継がれるであろうマイケル・ジョーダンのドキュメンタリーシリーズ「The Last Dance」の公開に伴い、多くの現役選手やレジェンドたちがジョーダンに思いを馳せ、特別なエピソードを披露している。

ブルックリン・ネッツのスーパースター、ケビン・デュラントは、ジョーダンが何故あれほど他を圧倒するプレイができたのか、独自に分析したようだ。

デュラントによると、ジョーダンはゲームをシンプルにすることに成功したという。デュラントのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「彼があるムーブをする時のIQだ。彼はゲームをシンプルにした。肩を2度3度動かす必要がなかった。相手の顔をただ見て、ポンプフェイク。チームメイトを探す。そうじゃなければ、ジャブからジャンパーさ」

「彼は右左どちらにもターンアラウンドできた。だから、相手はまったく予想できなかったんだ」

ジョーダンはキャリア終盤をワシントン・ウィザーズの一員として過ごした。

年齢を重ねていたということもあり、ブルズ時代のような身体能力は失われていたものの、それでも平均20得点以上を記録。

ワシントン出身のデュラントは、ジョーダンのプレイを見るために電車でアリーナに向かっていたという。

3年間のブランクを経てウィザーズの一員として現役復帰し、40歳手前という年齢で平均20得点以上を記録したジョーダンは、まさに”バスケットボールの神様”と言えるだろう。

なお、ジョーダンはウィザーズでの2シーズンで142試合に出場し、平均36.1分のプレイで21.2得点、5.9リバウンド、4.4アシスト、1.5スティール、FG成功率43.1%、3P成功率24.1%、フリースロー成功率80.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA