【スポンサーリンク】

イマン・シャンパート カーメロ・アンソニーのセレブレーションは「ラシード・ウォーレスのものだった」

イマン・シャンパート カーメロ・アンソニーのセレブレーションは「ラシード・ウォーレスのものだった」

ポートランド・トレイルブレイザーズのベテランフォワード、カーメロ・アンソニーは、3Pショットを決めた後に指を3本立て、頭にポンポンと当てるジェスチャーをセレブレーションにしている。

まさにアンソニーの代名詞とも言えるセレブレーションであり、真似する人々も少なくない。

だが、そのセレブレーションはアンソニー発のものではなかったようだ。

アンソニーとニューヨーク・ニックス時代にチームメイトだったイマン・シャンパートによると、アンソニーのセレブレーションはもともとラシード・ウォーレスがやっていたものだったという。シャンパートのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「人々は気付いていない。メロが3本の指を頭に当てるジェスチャーは、ラシード・ウォーレスから始まったんだ。シード(ウォーレス)はいつも3Pセレブレーションをやっていた。彼が3本の指を頭に当てるセレブレーションを始めた。シードはそれから怪我してしまった」

シャンパートによると、セレブレーションがアンソニーを代名詞となった時、ウォーレスはアンソニーに「メロ、このことで君を訴えたりはしないよ」と話したという。

なお、ウォーレスは2012-2013シーズンにニックスの一員としてプレイし、アンソニーとシャンパートはチームメイトだった。

シャンパートの突然の暴露に、アンソニーはどう反応するのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA