【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダンとアレン・アイバーソンの記録に並んだドノバン・ミッチェル「まだ何も達成していない」

現地23日に行われたユタ・ジャズとデンバー・ナゲッツのファーストラウンド第4戦は、129-127でジャズが勝利した。

ジャズの勝利に大きく貢献した選手と言えば、やはりドノバン・ミッチェルだろう。

シリーズ第1戦で57得点を記録したミッチェルは、この日も51得点と大暴れ。

NBA史上ひとつのシリーズにおいて50得点以上を2度記録したのはマイケル・ジョーダンとアレン・アイバーソンのみだったが、ミッチェルは彼ら偉大なレジェンドと肩を並べることとなった。

これを受け、ミッチェルは次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

彼ら(ジョーダンとアイバーソン)は勝利したよね。

僕はまだ何も達成していない。

ただ第4戦で勝っただけだ。

50得点は50得点だが、僕たちはシリーズを制することを見ている。

誤解しないでもらいたいが、そのカテゴリに入ったのは光栄なことさ。

すごく祝福してもらっている。

だが、ゲームはまだ残っているんだ。

ジャズはウェスタン・カンファレンス6位でプレイオフに進出。

同3位のデンバー・ナゲッツ相手に素晴らしい戦いを繰り広げており、あと1勝でカンファレンスセミファイナルに進出する。

カンファレンスセミファイナルではロサンゼルス・クリッパーズもしくはダラス・マーベリックスと対戦するため、早くファーストラウンドを勝ち抜け、次のシリーズに備えたいところだろう。

ミッチェルをはじめとしたジャズにはこのまま勢いに乗り、ウェストの戦力図を書き換える戦いを見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA