【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「僕とアレン・アイバーソンは比較できない」

ラッセル・ウェストブルック「僕とアレン・アイバーソンは比較できない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターポイントガード、ラッセル・ウェストブルックは、最もダイナミックなNBA選手のひとりだ。

だが、ウェストブルックのアグレッシブなプレイを称える声があれば、「過剰でコントロールできない」と批判する声もある少なくない。

先日はイースタン・カンファレンスのNBAチームの幹部が「彼はアレン・アイバーソンのようにチームのためにプレイスタイルを変えようとしない」と批判したというが、ウェストブルックがこれに反論した模様。

ウェストブルックによると、彼は唯一無二の存在だという。ウェストブルックのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

いくつかの理由で同意できない。

第一に、僕は自分のことを唯一無二の選手だと信じている。

アレンをリスペクトしているし、彼がやってきたすべてをリスペクトしているよ。

だが、いかなる理由であっても僕とアレン・アイバーソンを比較することはできない。

第二に、僕は常にチームが良くなるためにベストを尽くし、フィットしようと努力している。

キャリアを通し、そうしてきた。

これからもそうするだろう。

もし僕たちがチャンピオンになったら、それはクールだね。

もしチャンピオンになれなければ、僕はそれでもOKだと思っている。

人生はこれからも続くんだ。

ウェストブルックがプレイスタイルを変更した場合、間違いなくウェストブルックらしさが失われてしまうだろう。

アンソニー・デイビスが「彼には彼になってもらいたい」と言い続けているように、ウェストブルックには我が道を貫いてもらいたいところだ。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数27970
平均出場時間36.034.8
平均得点19.523.1
平均リバウンド7.77.4
平均アシスト8.68.5
平均スティール1.2
(キャリアワースト)
1.7
平均ターンオーバー4.64.1
FG成功率44.9%43.8%
3P成功率32.4%30.6%
フリースロー成功率67.8%78.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA