【スポンサーリンク】

ネッツのオーナーがカイリー・アービングについて「決断は尊重するが理解はできない」

ネッツのオーナーがカイリー・アービングについて「決断は尊重するが理解はできない」

ブルックリン・ネッツは先日、NBAオールスターガードのカイリー・アービングが接種を完全に済ませない限り、練習と試合に参加させない方針を決定した。

つまり、ネッツが方針を撤回しない限り、もしくはニューヨークが規制を緩和しない限り、もしくはネッツがアービングをトレードしない限り、アービングはNBAゲームでプレイすることができない。

そんな中、ネッツのオーナーを務めるジョセフ・ツァイがアービングについて語った模様。

ツァイによると、アービングとは何度か会話しているものの、状況は変わっていないという。ツァイのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

カイリーの件について、私は忍耐強く待っている。

彼はロスターに入っている。

ただコートにいないだけだ。

彼とは何度か話をした。

新しい情報はないよ。

もし彼が接種して戻ってきてくれるなら、私は歓迎する。

ただ、彼の決断を尊重するが、まったく理解できない。

ネッツは彼抜きでもチャンピオンシップコンテンダーになれる。

我々にはケビン・デュラント、ジェイムス・ハーデン、ジョー・ハリスがいるからね。

先日、アービングを支持する団体がネッツのホームアリーナであるバークレイズセンターの前で抗議活動を行った。

アービングはこの件に関わっていないというが、「団体の抗議活動を非難すべき」とアービングに苦言を呈している者も少なくない。

そんな中、アービングは沈黙を破り、SNSに意味深な記号を投稿した。

アービングが今何を考えているのかは分からないが、すぐに接種を受けることはまずないだろう。

いずれにせよ、ネッツがアービング抜きで戦う計画を優先するのは間違いなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA