【スポンサーリンク】

ケビン・ラブがレブロン・ジェイムスの倹約家の一面を明かす

ケビン・ラブがレブロン・ジェイムスの倹約家の一面を明かす

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

NBAキャリアを通して途方もない金を稼ぎ、世界で最も稼いだアスリートに選出されたジェイムス。

だが、ジェイムスが約5億ドルとも言われる資産を築くことができたのは、倹約家だからなのかもしれない。

クリーブランド・キャバリアーズ時代にジェイムスとともにプレイしたケビン・ラブによると、ジェイムスは国外でローミングを使わず、Wi-Fiが入るのをひたすら待っていたという。ラブのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(ジェイムスがローミングを使わないのを)トロントで何度も見たよ。

人々は彼の財力とか、そういったことを話題にしているよね。

だが、彼らに見えないこともある。

僕たちがトロントに行く時の話だ。

空港からバスで移動し、税関を通過し、ホテルに到着するまで、彼はまったくデータ量を消費しない。

彼はずっとWi-Fiを待っていたんだ。

僕はそれにイライラしたわけではないが、「やめてくれ、ブロン。本気か?」という感じさ。

しばらく携帯電話から離れたほうが良いかもしれないね。

だが、ローミングは使える。

僕には意味が分からないよ。

ジェイムスは以前、将来的にNBAチームのオーナーになるという目標があることを明かした。

そのために小さなことでも節約しようとしているのだろうか?

元NBA選手の中には現役時代の金銭感覚が抜けきらず、引退後に破産してしまう者も少なくないというが、ジェイムスにその心配はないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA