【スポンサーリンク】

カイル・クーズマが絶対的自信「誰がコートにいようと僕がベストプレイヤー」

カイル・クーズマが絶対的自信「誰がコートにいようと僕がベストプレイヤー」

NBAキャリア6年目を迎えているワシントン・ウィザーズのカイル・クーズマは今季平均20.8得点を記録するなど、チームにおいて重要なスコアラーとして覚醒しつつある。

レイカーズ時代は批判を浴びることも少なくなかったが、トレードでウィザーズに移籍して以降は目覚ましく成長しているクーズマ。

アトランタ・ホークスやフェニックス・サンズなどNBAタイトルコンテンダーからも関心を持たれるようになったクーズマは、絶対的な自信を持ってコートに立っているようだ。

クーズマによると、コートに立っている10人の中で常にクーズマがベストプレイヤーだという。クーズマのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕は常に信念を持っている。

キャリアを通してさまざまな役割を担ってきた。

僕に対してはいろんな見方があると思う。

「彼はバスケットボールが好きなのか?」

「彼はバスケットボールに興味があるのか?」

「彼はファッションが好きなのか?」

皆はそう思っているよね。

だが、僕は自分自身を信じている。

誰がコートに立っていようと、ベストプレイヤーは僕だ。

そう信じている。

だからこそこのレベルまで来れたし、今の僕があるんだ。

不合理な自信が僕にとって常に鍵になっているのさ。

クーズマにはレイカーズの一員としてNBAタイトルを獲得した実績がある。

だが、当時のクーズマはレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスの影に隠れた存在であり、今のような選手ではなかった。

レイカーズを離れたブランドン・イングラムやジョーダン・クラークソン、ジュリアス・ランドル、ディアンジェロ・ラッセル、ロンゾ・ボール、イビチャ・ズバッツなどのように、クーズマもますます成長するに違いない。

なお、クーズマのレイカーズ時代とウィザーズ時代のスタッツは以下の通りとなっている。

LALWAS
出場試合数27691
平均出場時間29.733.7
平均得点15.218.1
平均リバウンド5.68.2
平均アシスト1.93.5
平均スティール0.60.6
平均ターンオーバー1.72.6
FG成功率44.8%45.4%
3P成功率33.8%33.3%
フリースロー成功率72.7%72.2%

【スポンサーリンク】

コメントを残す