【スポンサーリンク】

ネッツの8選手がペイサーズ戦を欠場

ネッツの8選手がペイサーズ戦を欠場

ブルックリン・ネッツは現地10日、インディアナ・ペイサーズと対戦する。

ネッツにとってこの日はバック・トゥ・バックの2試合目ということもあり、ロスターの半分の選手が欠場する模様。

larrybrownsports.comによると、ニコラス・クラクストン、セス・カリー、ケビン・デュラント、ジョー・ハリス、カイリー・アービング、ロイス・オニール、ベン・シモンズ、TJ・ウォーレンがペイサーズ戦を欠場するという。

https://twitter.com/Digits3Hoops/status/1601635846746411010

欠場する8選手のうち怪我を理由としているのは、アービング(内転筋の張り)とクラクストン(ハムストリングの張り)のみ。

ロイス・オニールは個人的理由で欠場し、他の5選手は「怪我のマネジメント」とされているが、実質的に休養による欠場と見られている。

とはいえ、スターター全員が欠場するのは滅多にないことだ。

この日のチケットを購入したファンにとって、不満が残る試合になるに違いない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す